【R-指定の日本語ラップ紹介】DJ KRUSH『云/鬼 呼 生 -たま よび いく- feat. 志人』

2022年5月16日のCreepy NutsのオールナイトニッポンにてDJ KRUSH『云/鬼 呼 生 -たま よび いく- feat. 志人』を紹介

R-指定:曲行きますかね。

DJ松永:Rさんの日本語ラップ紹介?

R-指定:今日紹介するのはですね、DJ KRUSHさんの楽曲でして。

DJ松永:おっKRUSHさん、Rさんも1曲一緒に作ってるよね。

R-指定:そうなんですよ。あれ何年前だったっけな?

DJ松永:もうスーパーレジェンドですよ。

R-指定:日本のスーパーレジェンドで、一緒に曲作ったのがもう5年前や2017年。

DJ松永:5年前!?マジで?早っ!

R-指定:早いですよ。


 

R-指定:そこから月日流れてEPで『道 -STORY-』というのを最近出したんですけど。

それがまたKRUSHさんおもろいメンツを集めてくるなっていうか。

ralphとやったりしてるんですよね『ラップスタア誕生』にも出ていた。

DJ松永:若手と毎回ちゃんとやるんだよね!

R-指定:そうなんですよ。KRUSHさんがすごいのがTHA BLUE HERB、ILL-BOSSTINOさんを見出したのがKRUSHさんで。

DJ松永:KRUSHさんのアルバムにfeaturingしてっていうね。

R-指定:そのfeaturingの前にも札幌でインディーズでやっていたTHA BLUE HERBを聞いて「ヤバ!」って思ったKRUSHさんがもう各地でかけまくって。

やっぱりそのDJがちゃんとDJたるHIPHOPの紹介の仕方をして。

それで「あのKRUSHがかけてるの誰だ?」って話題になって。一緒に客演して、みたいな流れがあって。

とんでもないレジェンドやし、とんでもないレジェンドを発掘してもいるという。

そのKRUSHさんが最近出したEPで、これは発掘じゃなくてレジェンドとレジェンド同士のやつで。

俺の中では名コンビやと思ってるんですけども、KRUSHさんと志人さんが楽曲を演ってまして。

志人さんっていうのは何回もこの番組でかけてますけど、とんでもないラップスキル。

それが海外のHIPHOPをそのまま持ってきたようなトレースのスキルじゃなく、おそらく日本人のラッパーでしか到達できない境地であるってところもすごい。

日本語を使ってしか生み出されへんグルーヴで、かつ海外のやつが聞いても「なにこれ?」ってなるようなラップをするのが志人さん。

それが日本のレジェンドKRUSHさんと再び手を組んでやったのが今回紹介する『云/鬼 呼 生 -たま よび いく』という楽曲なんですけど。

これ、ちょっとね。

DJ松永:タイトルから、きてるね!

R-指定:きてるんですよ歌詞も。

DJ松永:イントロからきてるね!

R-指定:結構全編きてるんですけど。そこも含め聞いていただきたいなと思います。

DJ松永:匂うよ、匂うよ匂っているよー!


R-指定:ヤバない?(笑)

DJ松永:すーーーーげえよマジで、なんなんだよ!

R-指定:これ歌詞を触れだすと結構どぎついことを言っていたりするから。

それは各々の感性で判断してほしいんですけど、とにかくこれはたぶんね、ホンマに欧米の人には絶対にできないタイプのラップ。

日本のたぶん民謡とかお経とかそういうところもルーツにある和の。

特に日本人の持ってる感性からしか生まれえないラップスキルのホンマに最高到達点というか。

DJ松永:すごいよね。でもその中でもフロウの引き出しがえげつないじゃない?

R-指定:えぐいんすよ。

DJ松永:頭では全然そんなじゃなかったのに。あと頭がロケットスタートすぎるし(笑)

R-指定:頭は聞く人が聞いたらお経か?って思うぐらいノーブレスでずっと同じ韻をつなぎ続けて。

で民謡っぽくなるところがあったりして、また、結構あっちの人っぽくなる瞬間も出てきたりとか。

むちゃくちゃなんですよこの人!マジすごい!

DJ松永:えぐい!

R-指定:鳥肌立つよな?

DJ松永:いやマジで。物理的にすごすぎて半端じゃない!

R-指定:DJ KRUSH『云/鬼 呼 生 -たま よび いく- feat. 志人』でした。

DJ松永:いつまでもすげえんだよな、勘弁してくれよ。

R-指定:すごいよな、一生すごいよ。

関連記事

その他の紹介は まとめ記事よりご覧になれます

 

Creepy Nuts カテゴリーに移動

 

Creepy Nutsのオールナイトニッポンは毎週月曜日の深夜1:00より生放送

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。