LIBRO『ある種たとえば feat.小林勝行』バックボーンを前世まで遡った名曲


この曲は遥か昔、人間が自給自足の生活をしている描写から始まり、そこから死と転生を繰り返し現代の小林勝行まで繋がるというストーリーです。

いつの時代も変わない人間同士の美しい繋がりや醜い争い、そこで生まれる愛や苦悩を表現しています。

クライマックスに脈々と受け継がれた命と思いを受け現代の小林勝行が放つ言葉が感動的です。

今2014年2月12日
多分 歴史上
一番虐げられた 黒人に影響を受け
心臓みたいなリズムにもっぺん
生き抜く決心乗せ 生まれ変わる
俺は小林勝行
明日には芋引いとったけど
脈々と受け継がれる 負けじ魂
湯水の如く溢れる慈悲
出しっぱなし 普通やで
何遍倒されようが 何遍でも立つ
泥から芽を出す
永久不滅の蓮の花

躁鬱病と戦いながらヘッズの期待を裏切らない作品を作り続ける小林勝行が放つ”何遍倒されようが 何遍でも立つ”という言葉の重みや、彼を象徴する”泥から芽を出す 永久不滅の蓮の花”という言葉はとても感動的です。

 

▼Creepy Nutsが語る「小林勝行」

R-指定、DJ NAPEY feat. 神戸薔薇尻『蓮の花』を紹介|小林勝行のヤンキー関西弁と生々しいリリックを語る

 

 

小林勝行のラップ

 

自分のバックボーンと身近な人間関係、そこで行われた会話をダイレクトに歌詞にする小林勝行が、『ある種たとえば』ではバックボーンを前世まで遡りその時代ならではの人情まで表現の幅を広げた名曲です。

最新アルバム『かっつん』収録の『オレヲダキシメロ』という曲は、ペン目線で自分を客観的の見た様子とペンの感情を表現した曲があります。

このように自分以外の人間関係、人以外の感情を表現しても聴く人の心を掴むリリックを書くことができるラッパーが小林勝行です。

 

▼『ある種たとえば』収録

LIBRO / 招く人 

 

▼『ある種たとえば』Remix版 収録

小林勝行 / かっつん 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。