大名曲「異邦人」をサンプリングしたCHOUJI「違法人」

1979年発売の久保田早紀『異邦人』は言わずと知れた昭和の大名曲です。


壮大なイントロと静かで優しい歌い出しがとても印象的です。

そのイントロ部分をサンプリングしたCHOUJIの『違法人』


 

題名のダブルミーニングとサンプリングのセンスが抜群です。

Prod.はCHOUJI本人、昭和歌謡独特の哀愁と中東風のエキゾチックな要素を残しながら、HIPHOPたらめる、違法人たるドープな雰囲気を生んでいるトラックです。

リリックでも粋なサンプリングがされており、元ネタの

あなたにとって私 ただの通りすがり
ちょっとふり向いてみただけの異邦人

という歌詞に対して、「あなた」側の目線でのリリックが、めちゃくちゃ良いです!

香り残して通りすぎる
君にちょっと振り向いただけの違法人

そして、2バース目のラストには対比的に新たな展開も。

 

『違法人』はCHOUJIのチャンネルよりshort MVが公開されています。音源はアルバム『C面』に収録。


 

C面 LINK

 

 

関連記事

「一陽来復」の意味とCHICOのリベンジについて|CHOUJI,唾奇,CHICO CARLITO 邦楽をサンプリングした日本語ラップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。