DJ松永、Hilcrhyme TOCとの思い出、楽曲を語る

DJ松永さんが2021年5月18日放送 Creepy Nutsのオールナイトニッポン0 にてHilcrhyme『Lost love song 【III】』を紹介、TOCさんとの思い出を語りました。


DJ松永:はい、Hilcrhymeの『Lost love song 【III】』をかけさせていただきましたけども。

先々週、新潟の先輩、USUさんの話をして。

R-指定:熱い話ね。

DJ松永、同郷のラッパーUSUの『GHOST feat. DJ TAGA』を語る

DJ松永:USUさんとHilcrhymeのTOCさんは同じクルーだったんですよ。

R-指定:NITE FULL MAKERS。

DJ松永:そう。だから新潟のストリートのHIPHOPシーンの真ん中、メインストリームの存在としていた人で。

で、そのNITE FULL MAKERSから抜けてHilcrhymeとしてデビューして。

俺が高校生ぐらいの時かな?HilcrhymeがSMAPの『らいおんハート』をカバーした『らいおんハートRAP』っていうのが地元の学生の中でも大流行りしたの。

R-指定:ちなみに大阪でも流行っていました。


DJ松永:マジで?すげえ!

R-指定:みんな、Hilcrhymeっていうアーティスト名は知らず、「らいおんハート ラップ」とかで掲示板とかで調べてダウンロードしたりしていた。

DJ松永:『らいおんハートRAP』とか、CD-Rに焼いて、駅とかで配りまくっていたの。

それで、後からTOCさんに聞いたんだけども、なんせキャバクラとか夜の街で口コミで広がったんだって。

まず、宣伝で夜の街でCDを撒いたっていう。

だから、キャバクラで働いているホステスさんとかが流行の発信源だったんだって。

そこでワーッと広がったらしいんだよ。

R-指定:言うたら、Hilcrhymeって着うた時代の最後の大ヒットメイカーやんか。

やっぱり着うた時代まで続いていたのが、たぶん夜の店の人たちが流行の発信源。

だから携帯の着うたやったり、携帯小説とか、そういうことなんかな?

DJ松永:そうそう。

で、そこからボーン!っと売れるんだけどさ、もちろんTOCさんとUSUさんの関係性もすごく不思議なものがあるんだけども。

TOCさんは、まぁーすごい、俺が一番っていうぐらいお世話になっている先輩で。

R-指定:せやな。

DJ松永:TOCさんが東京に来たら2人で遊びに行くし。

まあ、コロナであれだけども、俺が地元に帰った時にはそこで2人で遊ぶぐらい、すごく仲良くしている先輩なんで。

今も活躍を1人でめちゃくちゃバリバリやっていますけどね。

本当にかっこいい人なんでぜひHilcrhyme ずっとアルバムも出し続けているんで是非チェックしてください。

R-指定:ちょっとまた久しぶりライブとかしたいですよね。

DJ松永:会いたいですよねー。

 

関連記事

その他の紹介は まとめ記事よりご覧になれます

R-指定の日本語ラップ紹介 | まとめ

 

R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 1年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 2年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 3年目まとめ R-指定のリリックに隠された『ダブルミーニング』を徹底考察 R-指定のリリックに隠された「サンプリング」を徹底考察

Creepy Nuts カテゴリーに移動

 

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0は毎週火曜日の深夜3:00より生放送

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。