KREVA『タンポポ ft. ZORN』サンプリング・韻考察

前作の共演『One Mic』に続き、KREVAとZORNのコラボ第二弾

ZORN『One Mic ft. KREVA』韻考察|返り韻に言葉入れ替え踏みKREVA節炸裂!!!

KREVAはZORNを客演に迎えるにあたり、これまで以上にライミングを重視しているように思えます。

韻に拘ってきた2人だからこそ、共演となると相手に恥じない韻のぶつけ合いという側面を感じます。

HOOKではコラボならでは相乗効果として、KREVAが気持ちいメロディを作ることで後に続くZORNの韻の連打が対比してより良く聴こえます。


(Dr K)

何回だって言う
I Have a 理想 何が悪りぃの
ワイかバリ島貝殻拾う
リゾート気分以上の自分
ビートに刻む 緊張の一瞬
絶対ストップなんかさせないネバリ強さ
新たな世界動か
そのまま1本映画作ろう
言葉は自己啓発書
音に乗り君の待ってるところまで
いけるように染み込ませる心
孤独な作業でも
それがちゃんと君に届くなら OK さ
マイナスバイアスはいらない
バイやつとヤバイやつ 橋渡し
わざわざ格下を見ないでしょ
俺ら歩き出そう 未来へと

理想を 言おうよだからこそ
現実の中で見れる 宝物
常にそう ステージ上 有言実行
胸に問う 夢 理想

ちゃんと口にしよう 何度も何度も
コンクリート破り また 咲かたんぽぽ
やがては枯れ 綿毛
でも離れた場でまた芽出す

美女のモデルとかリゾートホテルより
味噌と米ありゃ理想と呼べる
火を灯せ 希望の炎 心臓の奥
焚くのは Weed より金鳥の方
生活を紡ぐ 名作を生む
メンタルを写す 変化すんの 普通
贅沢もする 天下無双中
でっかくなったって洗濯もん吊るす
自問自答した矯正施設から
理想以上 今 4LDK
ただ一歩一歩来た 正面切って
調子乗らず ビート乗せる人生
Hip Hop は鏡 元は Rats でも
さまになってここじゃ Star
失敗ばっかり 落ち込んで
イッサイガッサイのみこんで

理想を 言おうよだからこそ
現実の中で見れる 宝物
常にそう ステージ上 有言実行
胸に問う 夢 理想

ちゃんと口にしよう 何度も何度も
コンクリート破り また 咲かたんぽぽ
やがては枯れ 綿毛
でも離れた場でまた芽出す

冷めたコーヒーとアイスコーヒー
同じ温度 同じじゃないストーリー
伝えなくちゃ伝わらない
伝わるまでくたばらない
スタバは無いし タワマンよりエメマン
そう全ては 誰が何言うか
なぜなら理由は
人のマネしなきゃ 唯一無二
言葉に染み出す人生の充実ぶり
純真無垢に走り出せ 俺の理想
あきらめること こそ骨折り損 (Yo)
くたびれ儲けずに舞台で証明
恥ずかしげもねぇ 丸出しで OK
頂点目指すルートに無い正解
未来へ期待 ずっと抱いていたい
年少の独房 慶応を卒業
今交わるデコ ボコオフロード

理想を 言おうよだからこそ
現実の中で見れる 宝物
常にそう ステージ上 有言実行
胸に問う 夢 理想

ちゃんと口にしよう 何度も何度も
コンクリート破り また 咲かたんぽぽ
やがては枯れ 綿毛
でも離れた場でまた芽出す

理想を 言おうよだからこそ
現実の中で見れる 宝物
常にそう ステージ上 有言実行
胸に問う 夢 理想

ちゃんと口にしよう 何度も何度も
コンクリート破り また 咲かたんぽぽ
やがては枯れ 綿毛
でも離れた場でまた芽出す

 

「タンポポ feat.ZORN」Link

 

サンプリング考察

“リゾート気分 今以上の自分”(KREVA)
“失敗ばっかり 落ち込んでもイッサイガッサイのみこんで”
(ZORN)

KREVAの楽曲『イッサイガッサイ』のリリックより、この曲でKREVAは「リゾート気分」と「理想の自分」で踏んでましたが今回は「以上の自分」「緊張の一瞬」で踏んでいます。

 

“火を灯せ 希望の炎 心臓の奥”(ZORN)

KREVAの楽曲『希望の炎』とアルバム『心臓』より

前回のコラボ楽曲『One Mic』のMVでは『希望の炎』のジャケットオマージュと思えるカットがありました。

 

“洗濯もん吊るす”(ZORN)

ZORNの代表曲『My Life』のパンチライン “洗濯物干すのもヒップホップ” を彷彿とさせるリリック。

 

“わざわざ格下を見ないでしょ 俺ら歩き出そう 未来へと(KREVA)

AKLO+NORIKIYO『百千万(Remix) feat. 般若 & ZORN』より、ZORNヴァース締めのリリック”わざわざ格下を見ないでしょ 俺が葛飾のリヴァイ兵長” より。

ZORNの髪型と圧倒的強さを「進撃の巨人」キャラのリヴァイ兵長に例えたパンチライン。

この10文字の韻によるリリックをサンプリングしKREVAも10文字の韻で完踏みしています。

 

”マイナスなバイアスはいらない” (KREVA)

マイナスとバイアスのライムはSEEDA『TECHNIC feat KREVA』で  “マイナスのバイブスで茶々入れるヤツはなんもわかっちゃいねぇな” というリリックがあり、これはMACCHOへのアンサーだと言われる有名なリリックです。

 

“今だろ階段を上がんなら”(ZORN)

ZORN幻のデモバージョンより、フロウ・リリック共にKICK THE CAN CREW『アンバラン』からサンプリングです。


 

関連記事

韻を畳みかける日本語ラップ -PART1-(更新) ながーーーい、韻。 歴史的長文の韻!!!LITTLE『ワンマンショウ』韻考察 同じ韻で1曲踏み通す!!!NORIKIYO『コンビニ』韻考察 踏みすぎ 踏みすぎ!ZORNさん 踏みすぎ 踏みすぎ!R-指定さん LITTLEのスキルが詰まった楽曲『RAPが好き』|総数120個の韻 考察 【職人芸】『The Skilled』LITTLE,FORK,YOSHI 120個のライム解説 志人はリリシズムの中で韻をどれだけ踏んでいるのか|結-YUI- の韻考察

 

▼「韻」考察カテゴリーへ移動

「韻」解説 記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。