R指定、ふぁんくの新アルバム『Balance』を紹介

2022年3月15日のCreepy Nutsのオールナイトニッポン0にてCreepy Nutsのお二人がふぁんくのアルバム『Balance』について語りました。

R-指定:じゃあ曲を流します?だいぶ曲紹介できてなかったんで。

今は梅田サイファー抜けたんですけども、ふぁんくさんがソロで『Balance』っていうアルバムを出しまして、これがまたねー。

DJ松永:来てる?

R-指定:来てる職人!

DJ松永:職人?

R-指定:こんなにスムースなのに、やっぱりふぁんくさんすごいわ。

固い韻を踏もうとしたらだいたいZORNさんになるんよ。

今っぽいビートでそれをやろうとしたら全員が。

DJ松永:なっている人よく見るもん。

R-指定:見るやろ?

DJ松永:今、俺ZORNさんになっているなーていう有名なラッパーの名前がここまで出かけていた(笑)

R-指定:ダメダメダメ(笑)

わかるよ、わかるけど、ふぁんくさんはそこがこんだけ長い韻でも、まだ踏まれてい「そんな踏み方があるの?」みたいなのとか。

DJ松永:すごいね。

R-指定:まあ細かいことは後で言うんで。

MVにもなっている曲を聞いてもらおうと思います。

アルバム『Balance』からふぁんくで『戯言』



R-指定:というね、この『戯言』なんですけど、サビとかも最高ですけども。Verseで言うと

俺は教祖でもなけりゃ  立派な学校の教師でもな
ただのお調子見たままこの通り

って「iaaaoooi」っていう音がずっと続くんですよね。

堕落した日常に 力がもっとほしい
と救いをこうなら他所の方が
ちっとはマトモな教えもあるんじゃね?

みたいな、単語とか体言止めだけで踏むんじゃなくて、文章の間にその韻が隠れている。

で、その大きな「立派な学校の教師」から始まった韻をずっとやっていくんやけどもその間にも「ただのお調子者」とか「堕落した日常に」とか「救いをこうなら」「他所の方が」みたいな別の韻を挟んでいっているからただのスラッとしたスムースな文章に聞こえるんやけども、紐解いたらABBAAAAみたいな、すごい踏み方をしていて。

DJ松永:職人さん!

R-指定:超職人。その後とかも

なにか役立つ教訓の類はきっとここにはない
いや、あるかも それは見てのおしみ
ピエロの顔し切れ者遊び

っていうこの「見てのおしみ」「ピエロの顔し切れ者遊び」っていう。

真意たしかめな 再生ボタンがのぞき穴

って、その前の「きっとここにはない」っていうところからまたここに韻で帰ってくるっていうね。

こんなことをやりだしたら止まらんぐらい、全曲そうなっているようなアルバムで。

「韻ってこうやん!」っていうぐらいの。

DJ松永:すごいね、どんだけ難しいパズルなんだよ。

R-指定:マジで難しい。でもサラッとやっているんですよ。

DJ松永:すごいね、むしろそれのおかげでサーッと聞けるようになっているんだよね。

R-指定:そうなんよ。ピースが多いからこそ。

〜アフタートーク〜

R-指定:そう。ふぁんくさんね『Balance』っていうアルバムを出したんですよね。

DJ松永:何曲入り?

R-指定:12曲っすね。

DJ松永:ボリューミー。

R-指定:ボリューミーやのに客演なしワンマイクで12曲。

DJ松永:ストイック作品ですね。

R-指定:ふぁんくさんはメロディーとかも大事にしているし、さっき松永さんが言った通りサラッと聞けるためにめちゃめちゃ緻密な韻のパズルがあるから。

DJ松永:っていうか韻って聞き心地のためのものだからね。

R-指定:ホンマはそうなんよね。で、それをちょっとあえて引っかかるようにしてパンチラインにしたりとかやったりもするから。

DJ松永:それのね、発音の仕方というか、フロウでそうなるんだけで本来は。

R-指定:特にふぁんくさんはそのスムースでサッと入ってくる。このアルバムの全曲がそうなんですけども、なんか最初は普通にメッセージとして受け取るんですよ曲として。

で、「なんか気持ちいい曲っすね」みたいな。でも「あれ?よう考えたらこことここ、踏んではるよな?」みたいな。

斬られてから気づくみたいな、気持ちよすぎて最初は気づかない。

で、後で何回か歌詞を覚えて自分で口ずさんだり、ふぁんくさんのラインを思い出して「なるほど!」みたいな感じで後から気づくみたいな。

DJ松永:Rがそうなるっていうことは、相当だね。

R-指定:相当なんですよふぁんくさんは。だからなかなか一聴しただけでは気づかない。

DJ松永:だってラップって特にRレベルでラップをやっている人からしたらさ、1回聞いたラップだと「ああ、ここを踏んで、ここをこう踏んで」って一聴してわかることが多いでしょう?

R-指定:ふぁんくさんはドヤらないんですよ。

DJ松永:ドヤらないよね!

R-指定:ふぁんくさんの美学なんですよね。そこがまた渋びぃ。

DJ松永:本当にドヤらない、バトルでも曲でもドヤらないよね。

R-指定:もちろんドヤるライブも最高やし、ケレン味たっぷりにやって盛り上がるのもあるねんけども。

ふぁんくというラッパーの美学としてドヤらない。で、そういうのを詰め込んだ『ライムザップ』っていう曲がああるんですけど。



R-指定:ふぁんくさんがちょうどダイエット中に作った曲で、ライザップとかけて『ライザップ』なんですけども。

結局今はリバウンドをしてふぁんくさんゴツなったんですけども。

そんなことじゃない「俺はラップの中でムダな韻、贅肉のような韻は踏まない」っていう。

削ぎ落としてリズムに確実に必要なライムだけをしているからムダな韻は削ぎ落としていくっていう意味で『ライムザップ』っていう。

そういうコンセプトの曲で、だから韻を雑に扱う、よくない扱い方をしているんじゃないかっていうようなラッパーに釘を刺すような、そんな韻の使い手としての曲とかもあったり。

だからそういうスキルを全出しやけど、内容的にもそうなんですよね、あんまり説教くさくなくて。

内容もラップ自体もドヤらないっていうふぁんくさんの自然な感じというかね。

DJ松永:なんか仙人っぽいよね。韻に対して。

R-指定:そうそう。仙人やしバランス的にも全部のメーターがすごい高いレベルの人やけども、やっぱり特にそこに関してはなかなか日本のラッパーであそこまで、緻密な韻というところにこだわっている人はなかなか。

DJ松永:めちゃめちゃ高度で、超踏んでいるのに力んでいないというか。なに?合気道みたいな?

R-指定:そうそう、だからやられてから「おい」みたいな感じ。

DJ松永:全然力を入れてない感じに聞こえるのに。でも気づいたら「あっ踏まれている?」みたいな。

R-指定:だから危ないです。ふぁんくさんのVerseとか曲聞いたら「あれ?今回のふぁんく全然踏んでなくね?」みたいな時こそ要注意ですから。もう体穴だらけになっていますから。

DJ松永:リスナーってそういう時言うよね。

俺らのミュージックビデオでもさ「最近のR踏んでねえな」って(笑)

R-指定:はははは(笑)

DJ松永:「バカどもめが!」っていう(笑)

R-指定:俺もそう言われているっていうことはある種、ふぁんく師範の域に片足は突っ込めたかな?っていうのはあるっすけどね。

DJ松永:気づいてねえだけだからな!(笑)

関連記事

その他の紹介は まとめ記事よりご覧になれます

R-指定の日本語ラップ紹介 | まとめ

 

Kvi Baba『Fool in the Moon』韻考察
R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 1年目まとめ
R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 2年目まとめ
R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 3年目まとめ
R-指定のリリックに隠された『ダブルミーニング』を徹底考察
R-指定のリリックに隠された「サンプリング」を徹底考察

Creepy Nuts カテゴリーに移動

 

Creepy Nutsのオールナイトニッポンは毎週月曜日の深夜1:00より生放送

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。