R指定、MC TYSON『I Need feat R-指定』を紹介

2021年12月21日のCreepy Nutsのオールナイトニッポン0、にてCreepy Nutsのお二人がMC TYSON『I Need feat R-指定』について語りました。

R-指定:さっそくなんですけど、曲の紹介をさせてもらおうかと思うんですけども。

先日MVが公開されましたMC TYSONに客演をさせてもらった曲『I Need』を今日はかけさせてもらおうと思うんですけど。

そのTYSONと出会ったきっかけみたいなのもリリックに入れたりしまして。

DJ松永:MC TYSONって大阪のR-指定と同い年のラッパーなんだけど、ある種対局な。

R-指定:完全対局っすね。

DJ松永:あっちはもうムキムキのいかついハードな。

R-指定:ホンマにマッチョイズム全開のHIPHOPというかね。

そういうスタイルでずっとやってきたTYSONは隣町の、俺が堺市であいつが住之江っていう、本当に川を1個挟んだ隣町で育ってきた同い年で。

真逆のHIPHOPのスタイルっていうか、真逆の走り方をしてきた2人が同じBeatの上で一緒にラップする楽曲になっています。

そこの対比も含めて聞いていただければなと思います。

MC TYSON feat. R-指定で『I Need』


R-指定:TYSONはホンマにどのワードをBeatの上で喋らせてもかっこいいっていうか。

楽器として鳴りとかがすごいんですよTYSONのラップは。

DJ松永:そうだね、ラッパーとしてすごい恵まれた声を持っているし。

TYSONは俺、新潟にいた頃から知っているんだよな。

YouTubeで見ていて、年下でむっちゃ怖いラッパーがいるって思って。

コンテナでミュージックビデオを撮っている曲で

R-指定:ほんま10年前ぐらいの。

DJ松永:「関わりたくない、怖い」っていう。

頃から知っているんだけども、めちゃくちゃ進化しているんだよね。

R-指定:凄いよ。

DJ松永:元々持っているものは素晴らしいと思うんだけども、すごい磨いて磨いてここまで来たんだろうなって思うと。そこもやっぱりイケてるよね。

R-指定:だから積もる話もしましたよ、MV撮りに行くときも。

 

最初にTYSONから話が来た時には「このタイミングでか」と思いましたね。

それこそ歌詞の中でも言っているんですけども、10年前全く面識がない時に先に嵐っていうラッパーと面識があったんですよ。

そいつはホンマに隣の中学校で名を馳せているような、漫画の中のやつみたいな。

ぐらいのヤンチャやったやつが実は同い年でラップもやっているって知って。

で、嵐と電話番号を交換したぐらいの時やったんよハタチで。

DJ松永:うんうん。

R-指定:いきなり梅田のみんなと遊んでいる時に嵐から電話かかってきて、受話器越しで「隣にTYSONっていう奴がおるからかわるわ」って急になって。「TYSON?YSON?」ってなったら電話越しで第一声で「R-指定、大阪ひっくり返そうぜ」っていうのが来て。

DJ松永:ふははは!

R-指定:あいつはたぶんその熱量でずっと10年前からやって突き進んできて今ここやけども。

俺はその時は、シーンをひっくり返すっていうか、ほんまにラップを好きになって楽しんでいるだけで、そこまでのビジョンがなかったから「お、おう」みたいな感じのすごい曖昧な返答をして。

「あぁ、そうやな」みたいな感じだけで終わったんですよ。

DJ松永:ふはは(笑)

だって当時はさ、より各々の場所にいたわけだからね。

R-指定:やし、そんなラップでそもそも食えるかどうかとか、そんぐらい世の中に出るかどうかすらも考えてもいなかったから。

やっぱりTYSONはそういうことをちゃんと考えて、ビジョンを持った上でずっとやってきたっていうのがあいつの活動を見ればわかると思うし。

DJ松永:しっかりしてるもんなー。

R-指定:めちゃくちゃしっかりしている。

それで一緒に曲をやってTYSONのあのバースが返ってきて。

やっぱり客演って合わせるところを合わせたり、グッと反対に振るところは反対に振ったりみたいなことがあるんですけども。

結構ヒリヒリしましたね。こっちもとんでもない自分の中のラップの引き出しを開けんとやっぱりTYSONとは太刀打ちできへんなとは思いましたから。

でもTYSONとの出会ったきっかけも書きたいしみたいな。

DJ松永:うーん。

R-指定:そういう中であの短さの中にギュッと収めたりするっていうのもスリリングやったけども。

なんとかいい感じにお互いのスキル的にも内容的にも対比になったんちゃうかなって。

DJ松永:すごいいい対比ですよ。

同じ土地で生まれ育って同い年の2人が全く違う人生を生きて、ラップという道を経て一緒に曲を作って共有する部分、真反対の部分を曲の中で一緒に歌い合うっていうのは、めちゃくちゃいい物語だなって俺は思ったから。

ジブさんとDさんばりに定期的にやってほしいのよ俺は。

R-指定:あー、何曲かシリーズ的に?やりたいな。

DJ松永:そうなのよね。

R-指定:で、俺的にはこのいろんなリリックに忍ばすみたいなのも好きなんですけども。

TYSONも実はやっているんですね。

「You can call me “Big Poppa”」って言った後に「お前のBabyがしゃぶるPuff Puff」みたいいな。

「Big Poppa」のノトーリアス・B.I.G.のラインを出した後に、ずっと盟友やったパフ・ダディを示唆する感じで「Puff Puff」っていうのを出してきたりとか。やっぱり気が利いたラインやなって。

DJ松永:俺らの青春時代のメインストリームのラッパーが出てくるみたいな。いわゆる一番ブリンブリン。

R-指定:まさしく象徴みたいな人たちでしたから。そういうところをリリックに入れていたりして。だからこれライブでね。

DJ松永:ああ、いいよね。その掛け合いの部分とかね。

R-指定:掛け合いなんかは逆に言うと平のバースのところは出だし、俺がTYSONのフロウに合わせて。掛け合いの早くなるところは俺のフロウをTYSONが逆に持ってきてみたいな感じ。そういうのも楽しいかも。

DJ松永:いいですね。「大阪どころかひっくり返すジパング」みたいな、規模感みたいなのもいいですよね。いろいろと胸アツですよ。

R-指定:なかなかアチィ曲が出来ました。ぜひチェックしてみてください。

 

MC TYSON『I Need (feat. R-指定)』韻考察

関連記事

その他の紹介は まとめ記事よりご覧になれます

R-指定の日本語ラップ紹介 | まとめ

 

Kvi Baba『Fool in the Moon』韻考察 R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 1年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 2年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 3年目まとめ R-指定のリリックに隠された『ダブルミーニング』を徹底考察 R-指定のリリックに隠された「サンプリング」を徹底考察

Creepy Nuts カテゴリーに移動

 

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0は毎週火曜日の深夜3:00より生放送

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。