R指定、TARO SOUL&KEN THE 390『今がBEST』を紹介

2021年10月5日のCreepy Nutsのオールナイトニッポン0にてCreepy Nutsのお二人がTARO SOUL&KEN THE 390『今がBEST』について語りました。

 

R-指定:じゃあ早速楽曲紹介を、タロケンでございます。TARO SOUL&KEN THE 390このお二人!

DJ松永:アルバムを出したよね?復活したんだっけ?

R-指定:そうなんですよ『LAP RECORD』っていうのを出して復活して。

前シングルで『We Back』っていうのは去年に出していたんですけども、それこそKENさんが来てくれた時にはそのシングルを出していて。

DJ松永:そうだ、そうだ。

R-指定:KENさんが「タロケン復活するよ、アルバム作るよ」って言っていて、めっちゃ楽しみにしていたんですよ。

俺ら青春時代にTARO SOUL&KEN THE 390って。

DJ松永:ヤバかったね。無双していたね。

R-指定:TARO SOULさんもKEN THE 390さんも同じDa.Me.Recordsっていうところにいて。

お互いにRHYMESTERがいた早稲田のGALAXYっていうブラックミュージック研究会からサークルから出てきたラッパーで。

まあ、高学歴で全然やんちゃじゃない、普通のラップ好き、HIPHOP好きなお兄ちゃんなんですよ。

やのにスキルはバチバチに高くて、KENさんはタイトにど真ん中を貫くラップをしていくし、TARO SOULさんは歌いながら歌メロとかも歌えるし、歌っぽいテクニカルなフロウもできるしっていうめっちゃバランスの良い。

DJ松永:TAROさんのスタイルめちゃくちゃ新鮮だったよね?

R-指定:めっちゃヤバかった。

DJ松永:何に影響を受けたのか?っていうぐらい他にいなかったよね。

R-指定:おらんかったっすね。

DJ松永:あの当時はマジで客演キングだったよね。

R-指定:キングやし、今ほどラッパーが歌う時代じゃなかったから。

DJ松永:衝撃だったよな。

R-指定:衝撃なのが今回のアルバム『LAP RECORD』やっぱり健在でその2人の良さが。

TAROさんもさらにそのメロの切れ味とかが増しているわけですよ。

歌詞がやっぱり何年も経ての、お互いの経験を積んできての再び再結成したタロケンがにじみ出ていて。

俺がそれを一番感じてグッと来たがの今から紹介する曲なんですけども。

まずは聞いてもらいましょう。あの頃のタロケンを思い出して聞いてください。

DJ松永:ほう!

R-指定:TARO SOUL&KEN THE 390で『今がBEST』


 

DJ松永:いいねー!

R-指定:今のTAROさんとKENさんがこれを歌うっていうのがめちゃくちゃいいんですよ。

DJ松永:いやー本当に俺らが組んでほしいとか、復活してほしいみたいな普段の駄話で妄想でしゃべっていたじゃん?「タロケン復活しねえかなー」とか「ジブさんDさん、もう1回やらねえかな?」とか、、やってくれたね!

R-指定:やってくれたし、アップデートっぷりもさすがっすっていう感じやし。

これを同じような内容なわけじゃないじゃないですか、いろいろと経てきた2人がこの歌詞っていうのが。

表現の仕方もTAROさんのHIPHOP好きが伝わってくる入り

“やっぱNASのアルバムなら『Illmatic』いつでも好き勝手言う権利はリスナーに 機会あれば教えて俺の過去作品フェイバリット”

って、全部ライムしながらメロディーできれいに行って。

“けれど俺のこの興味はこのペンが書くこの次の1行さ Play the beats”

みたいな、ライムもすごいし何よりもこのメッセージが響きました。

ありがとうございます。TARO SOUL&KEN THE 390で『今がBEST』でした。

関連記事

その他の紹介は まとめ記事よりご覧になれます

R-指定の日本語ラップ紹介 | まとめ

 

Kvi Baba『Fool in the Moon』韻考察 R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 1年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 2年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 3年目まとめ R-指定のリリックに隠された『ダブルミーニング』を徹底考察 R-指定のリリックに隠された「サンプリング」を徹底考察

Creepy Nuts カテゴリーに移動

 

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0は毎週火曜日の深夜3:00より生放送

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。