R-指定、RIP SLYMEの『BLUE BE-BOP』を紹介|PES,RYO-Zの「気持ち良い音の作り方」を語る

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0」において、Creepy Nutsuのお二人がRIP SLYME『BLUE BE-BOP』を紹介しました。

以下、R-指定 → R  DJ松永 →

 

秋の夜長にピッタリのHIPHOP

 

:Rさんの日本語ラップ紹介コーナー参ります。

R:はい、今日は秋ということでね「秋の夜長」にピッタリのHIPHOPがあります。

それがRIP SLYMEの『BLUE BE-BOP』という曲です。

:あー、あれは秋の曲だ。

R:秋の曲です。「HIPHOPで秋の曲なんやろな?」って考えたら意外とリップやったんすよね。

:そっか。

R:しかもリップ紹介してないですからねまだ。

:え!そうだっけ?

R:そうなんです、クラシックまみれのRIP SLYMEをまだ紹介できてないですから。

:まだか。

R:夏の曲といえば『楽園ベイベー』というリップの代表曲がありますけど、実は秋の名曲も作ってて、ほれがこの『BLUE BE-BOP』ですね。

:そっかそっか。

R:まあRIP SLYMEは説明不要だと思いますけど、ラッパーのRYO-ZさんILMARIさんPESさんとSUさん。

この4人とDJ FUMIYAさんですね。

この『BLUE BE-BOP』は、『楽園ベイベー』の後の後ぐらいのシングルで、何がすごいって秋間満載の曲で、歌詞にも「秋」ってワードが出てくるんですけど。

1バース目のSUさんがね

さらば楽園愛したマヌケなベイベー

って『楽園ベイベー』がヒットした後の自分達を描いてるんですね。

松:なるほどね。

R:まぁとりあえず聴いてもらいますか。

RIP SLYMEで『BLUE BE-BOP』

 


 

 

PES,RYO-Z「気持ち良い音の作り方」

 

R:どうですか?

:ちょー気持ちいい!

R:ちょー気持ちいいから。

1バース目のSUさんのローボイスのテンションがめちゃくちゃ色っぽいってのもあるし。

ILMALIさんのハスキーな声で色っぽいってのもあるし。

全員上手いんですけど、やっぱPESさんのメロディーセンスというか。

:すごいね。

R:このPESさんのバースがあるだけで「秋の寂しさ」みたいなのをメロディーとフロウで表現してるし、なんて言うんですかね、、

ラッパーから出てくるメロディーじゃないですよ、まず!

あの日の様にあたたかくはない

っていうこの気持ちよさですね。

かたわらで笑うあの笑顔はない
大都ないライライフは意と冷たい

この「ai」の音だけでずっと刻んでいくという。

:いや超気持ちいい!

R:その後、

乾いアイスを

ってここまで繋いでて。

春を待つより今すぐにあなたの元へ
まっすぐに会いたい

ってなかなか気持ちい子音のライムも入れてすごい。

:いやぁー気持ちいいメロディーに韻が混じると最強ですね。

R:最強!

で、メロディーじゃなく言葉の持ってる響きの気持ちよさで持っていくのがRYO-Zさんなんですよ。

1バース目の

深く Groove digger BLUE BE-BOP
東からサンライズ さぁ スタンバイ
気が

ってここまで“深く”“Groo”でアクセント付けたと思ったら、その後の“Groove digger”“BLUE BE-BOP”で韻踏んでるんすよ。

そのあと、”東からサンライズ さぁ スタンバイ 気が”って“BE-BOP”のケツの韻だけを持ってるという超緻密なリズム。

:うんうんうん。

R:それで

しばって SO TIGHT
Friday night to the Monday まで
並んで 二人からんで安定

ってずっと「ae」っていうラインで踏んでいって

アドバンテージ持ってかれたら
リング 奪い取ってまで ONE MAKE

っていう、メロディーじゃなくて、言葉の持っている響きの気持ちよさで持っていくというRYO-Zさんの上手さもあるという。

:うわぁー。

R:RIP SLYME最高です!

:最高ですね!

 

<書き起こしおわり>

 

GOOD TIMES」収録    

 

 

関連記事

その他の紹介は まとめ記事よりご覧になれます

R-指定の日本語ラップ紹介 | まとめ

 

R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 1年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 2年目まとめ R-指定のリリックに隠された『ダブルミーニング』を徹底考察 R-指定のリリックに隠された「サンプリング」を徹底考察

Creepy Nuts カテゴリーに移動

 

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0は毎週火曜日の深夜3:00より生放送

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。