R-指定、ZEEBRAの『Original Rhyme Animal』を紹介|全パターンの踏み方を示した名曲を語る

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0」において、Creepy Nutsのお二人がZEEBRA『Original Rhyme Animal』を紹介しました。

以下、R-指定 → R  DJ松永 →

 

ボスを召喚

 

:Creepy Nutsのオールナイトニッポン0 唯一の良心。Rさんの曲紹介のコーナーです。

R:そろそろボスを呼ぼうかと思います。

おれらの業界のボス、 ZEEBRA さんの曲をかけようかと思います。

みんな ZEEBRA さんイメージっておそらく ”東京生まれヒップホップ育ち” みたいな、軽い認識やと思うんですよ。

でも ZEEBRA さん実は、不良系のスタイルにしたのって、キャリア的には後の方なんですよ。

それまでは知的なラップ、めちゃくちゃ入り組んだラップをしてたんですよ。

その入り組んだラップがちょっと難くて、いろんな若者に普及させるために、意識的に不良なスタイルに変えたわけですよね。

ラップも分かりやすいダミ声で、がなりながら歌うスタイルに変えたわけです。

でもその前はめちゃめちゃ複雑な韻の踏み方とか、めちゃめちゃ高度な言い回しとかいっぱいやってたんですよ。

だから今から紹介したい曲はですね ZEEBRA さんの1st ソロアルバムの1曲目 『Original Rhyme Animal 』って曲なんですけど。

これはね ZEEBRA さん本人も言ってます。

「日本語のラップでできる韻の踏み方の全パターンをこの曲で一旦やった。」

:すごっ。マジ?

R:でもこれ2018年の今聞いてもそんぐらい韻の踏み方のパターンとしては、ほぼ出てます。

:これ90年代中盤とか?

R:97年!

たとえば、みんなが思いつくのは、小節のお尻で韻を踏むというパターンですけど

ZEEBRAさんは小節のお尻で踏んだ韻を頭で踏んで、すごい離した場所でまた同じ韻で踏んでという、2文字、3文字の韻をずっと畳み掛けるとことをしています。

 

命(いの)込める仕止める 言葉乗せる
ギャルも惚れる それが俺流

このイルなし沼
無限にディープな スキルが無きゃ痛い目見る場

みたいな、3文字ぐらいの韻でリズムを作っています。

:めちゃめちゃリズムが綺麗

R:やし!かつ固い韻もちゃんと置いている

:20年前の曲よ。すげぇ

R:すごいジブさんの姿を見てもらいたいと思います。 ZEEBRA で『Original Rhyme Animal』

<書き起こしおわり>

 

THE RHYME ANIMAL」収録  

 

関連記事

その他の紹介は まとめ記事よりご覧になれます

R-指定の日本語ラップ紹介 | まとめ

 

R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 1年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 2年目まとめ R-指定のリリックに隠された『ダブルミーニング』を徹底考察 R-指定のリリックに隠された「サンプリング」を徹底考察

Creepy Nuts カテゴリーに移動

 

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0は毎週火曜日の深夜3:00より生放送

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。