R-指定の日本語ラップ紹介 | ラップ狂ノ詩 / GAGLE

:R指定さんの日本語ラップ紹介のコーナー参ります。

R:今回紹介するのはですね、我々が先週の日曜日にRHYMESTERさんが主催するフェス「人間交差点」でも一緒になったアーティストです。

その方は客演で1Verseだけ蹴りに来てたんですけど、仙台のHIPHOPグループ「GAGLE(がぐる)」です。

:GAGLE!

R:GAGLEのHUNGERさんが人間交差点に来てたんです。

このGAGLEってグループはMCのHUNGER(はんがー)さんとトラックメイカーのDJ Mitsu the Beats(みつざびーつ)、LiveDJのDJ Mu-R(みゅーらー)さん この3人組のグループです。

みんなが知ってる曲でいうと「屍を越えて」とか「雪ノ革命」とかでJazzyでハンガーさんのリリシズムが溢れる曲多いんですよね。

:確かに、「若き匠たちへ」とか。

R:あぁーいいね。

それで、Mitsu the Beatsさんの世界的に評価されているトラックとHUNGERさんのいい歌詞がコントラストになっているというのがグループの特色なんですけど。

もう一個、強烈な特徴としてHUNGERさんのラップなんですよ。

これがね、「オリジナル」とはこういう事やと思うぐらい何が元か分からなへん。

何に影響を受けてこうなったのか、全く分からない。似てる人がいないんですよ。

:いない!結構昔から活躍してるのに今だにHUNGERさんみたいなラッパーは出てこないし、この先も出てこないと思う。

確信が持てるぐらい強烈なオリジナリティだよね。

R:そう。いい歌詞を書くリリシストとしても凄いし、ラッパーとしてもこの人しか持ってないフロウがある。

:その両極にあるように思える引き出しを両方上手く使うんだよね。

R:そうなんですよ。

1個特徴として分かりやすく言えば、スキルフルに見せる時は凄い早口でラップするんですよ。

でもその早口のラップが誰も真似できない!

:確かに。早口はみんな色んなやり方あるけどHUNGERさんは超独特だねー。

R:なんかね、ドラムの乱れ打ちって言えばいいのかな?

:予測不可能だよね。「RAPワンダ-DX」とか凄いよね。

R:あれは凄い!

:どういう発想?みたいな

R:それでね、今回紹介したいのが、「ラップ狂ノ詩」

まさしくラップでいっちゃってる位ラップスキルを誇示する曲なんです。

この曲は終始、HUNGERさんが早口で畳み掛けます。

まずは聴いてみて下さい。

GAGLEで「ラップ狂ノ詩」


R:というね、エゲツないフロウ。

まずね、韻を踏まないとこんなに気持ちいいリズムにならないんですよね。

五感で踏んでるというか、綺麗にパッション、ファッション、アクション、ディスカッションとか踏んでる所もあるんですが。

これに伸るか反るかトロイの木馬
割り込め 飛び込め 走れトロイカ

みたいな似た言葉を乱立して、気持ちいい早いリズムを生み出す。

トラブル続きのトラベル まるでアルベルト
棘薔薇のモーターズサイクル

早口言葉みたいな構成にすごい似てるんですよ。

「東京特許許可局」みたいな

:母音合わせるんじゃなくて、字面的に似てる言葉合わせるんだ。

R:そう。だから音読しただけでもリズムになるような言葉

でも誰も真似できない

「オレのフロウは真似不可能」ってハンガーさん自分でも言ってるんすけど、マジで真似できないですから。

歌詞カード見て超スロー再生しても
迷子になるくらいのマイワールド

ほんまにその通り。

:かっこいいなぁ。

R:こんなオリジナルなラップする人がいい歌詞も書けるんですから最高ですよ。

お聴き頂いたのはGAGLEで「ラップ狂ノ詩」でした。

関連記事

R-指定の日本語ラップ紹介 | まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 1年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 2年目まとめ

 

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0は毎週火曜日の深夜3:00より生放送

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。