ZEEBRA&MUMMY-D、ニューヨーク勢の復権、ビートアプローチについて語る(ゲスト:AKLO)

WREP 第三研究室」において、ZEEBRAさん、MUMMY-Dさん、AKLOさんがニューヨーク勢の復権、ビートアプローチにについて語りました。

以下、ZEEBRA → Z  MUMMY-D → M  AKLO → A

 

ビートアプローチとDrugの相関性

 

Z:最近、ニューヨーク勢が復権してて、だいぶ頑張ってるなって思うんだけど。

M:あ、そうなんだ。

Z:その中でもやっぱりちょっとニューヨークの奴ら相変わらず少し後ろに乗せる奴多くて嬉しい。

M:はははは(笑)

Z:Casanovaとか聞いてると、相変わらず後ろに乗せまくってるし。

Fivio Foreignとかもちょっと、もたれる感じがあるんだよね。

 

Casanova, Fivio Foreign, Smoove L – “Demons & Devils” 


 

M:今ないもんねー。

今裏もないでしょ?全部On Beatっていうか。

Z:そうだね。

A:そうですよね、だから一瞬つまらないのかなって思いがちなんですけどね。

M:いやっそんなことない。

A:そんなことないんですよね。

M:表の不良っぽさみたいなのあるんだよ。

Z:うんうんうん。

M:自分ではなかなか出せない部分なんだけど。

A:勢いでますしね。

M:表はでやすい。

A:あとちょっと食うやつとか、走るって言うんですかね。

Z:はいはいはい。

M:言ってたじゃんジブさんも「最近走んだよー」って。

Z:そうなんだよ。

M:俺ら一生懸命後ろ後ろに頑張ってもっていってたのに。

A:めちゃくちゃ走るんすよ、異常なぐらい。

Z:あれはね俺が思うに、ドラッグが変わったのがデカイ。

A:あー。

Z:アメリカに関してはケミカルの方がメインになっていったから、そうするとどうしても走っちゃうんだよね。

WEEDがメインのところは、もっちょっとレイドバックして後ろに乗りがちだったの。

A:なるほど。

Z:ちなみにこれCasanovaね。

 

Casanova – So Brooklyn ft. Fabolous 


 

 

M:全然後ろじゃん。

Z:そうなのよ。

これFabolousと2人でやってて、結構久々にブルックリン アゲ!みたいな曲で結構かっこいいなと思いましたよ。

M:いや、やっぱ上手いよ。こういうスタイルだよね。

Z:この人、元々6ix9ineと戦っててさ、Disしたりとか。

M:へぇー。

Z:それでかっこいいなと思ったわけですよ。

A:バイブスのレベルが張ってますもんね。

Z:そうそうそう。

Mふぅぅぅうううんんん!!みたいな血管ブチ切れそうな感じでしょ?

A:はははは(笑)

Z:で、その後MainoがRemixを出して。

A:マジっすか。

 

Maino – So Brooklyn (KOBMIX)  


 

Z:俺もブルックリンだ!みたいな。

A:盛り上がってますね。

Z:なんか盛り上がってるみたいよ。

 

<書き起こしおわり>

 

 

関連記事

 

「第三研究室」書き起こし記事まとめ R-指定の日本語ラップ紹介 | まとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。