ZEEBRA&MUMMY-D、BUDDHA BRAND『DON’T TEST DA MASTER』を語る

WREP 第三研究室」において、ZEEBRAさん、MUMMY-DさんがBUDDHA BRAND『DON’T TEST DA MASTER』について語りました。

 

Zeebra:Dの曲紹介からいきたいと思うんですけど。

Mummy-D:BUDDHA BRANDといえば『人間発電所』『Funky Methodist』とかあのへんの曲が有名だと思うんだけど。

 


 


 

 

Mummy-D:俺がぶっ飛ばされたのが『DON’T TEST DA MASTER』という曲で。

Zeebra:うんうんうん。

Mummy-D:最初の盛り上がりがあった後に「まだこれ出してくるか!」っていう驚きもあったし。

コンちゃんがエンジニアのD.O.I君という片腕を見つけて。

2人で作業することによって起こるケミストリーみたいなのも感じたし。

トラックもめっちゃくちゃかっこいいんすよー。

Zeebra:めちゃくちゃかっこいいね!

コンちゃんのやり口もレベルアップした感があったんだよなー。

ビートのつく方的にもなんとなく。

レイヤーの重ねとか、まあ、それはD.O.I君なのかもしれないね。

Mummy-D:分業作業がもたらした事なんだろうね。

あとね、これクリちゃん(CQ)から聞いた話で最高なんだけど。

DON’T TEST DA MASTERのレコーディングの時にね、コンちゃんがHookをやって見せたんだってよ。

Zeebra:はいはいはい。

Mummy-D:そしたらデミさんが「ドドドンドンってださくねー?」って言ったんだって。

Zeebra:はははははははは(笑)

Mummy-D:そしたらコンちゃんめちゃくちゃ怒っちゃって、「だったらデミおめえが作ってみろよ!」って言ったら、デミさんブースの中に入って1時間ぐらい悩んだ後に、じゃあやりますって言って録音始めたら、、

「ドドンドン DON’T TEST DA MASTER!!」

Zeebra:はははは(笑)

オチがしっかりしてるなー。

Mummy-D:このレベルの話、あの人達死ぬほどあるから。

Zeebra:すごいよねー。

Mummy-D:とりあえずその曲を聴いてもらおうかな。

Zeebra:お願いします。

Mummy-D:間違いなくクラシックですね、BUDDHA BRANDで『DON’T TEST DA MASTER』

 


 

Zeebra:こういう感じのHook当時なかったから新鮮だったよね。

Mummy-D:そうね!

Zeebra:Varseっぽいというか。

当時は4小節のやつ2回繰り返すとかのものが多かったし。

こいうい感覚的なHookあんまなかったから。

Mummy-D:ね、こういうの段々出来なくなっていっちゃうんだよね、かっこいいよねやっぱ。

Zeebra:かっこいいです。

Mummy-D:俺にとってはBUDDHA BRANDでありDEV LARGEはやっぱ黒船だったよ。

Zeebra:あー、本当そう。

本人達がそういう風に言ってたけどまさに。

Mummy-D:タイトル言ってるだけじゃなくて存在が黒船だったよね。

Zeebra:開港しろぉー!!!みたいな迫ってくる感じだったよね。

Mummy-D:開港してくださいよぉ〜♡

Zeebra:それね(笑)

Mummy-D:知ってる?

Zeebra:知ってる知ってる(笑)


 

『病める無限のブッダの世界』 

 

 

関連記事

 

「第三研究室」書き起こし記事まとめ R-指定の日本語ラップ紹介 | まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。