ZEEBRA&MUMMY-D、Normcore Boyz『PIT feat. Ry-lax』を語る

WREP 第三研究室」において、ZEEBRAさん、MUMMY-DさんがNormcore Boyz『PIT feat. Ry-lax』ついて語りました。

 

Mummy-D:今日はNormcore Boyzの曲をピックしました。

今週彼らのアルバムを聴きながらジム行ってたんで、いいなぁーと思って。

Zeebra:いいよねーあのアルバム。

Mummy-D:まず聴く?

Zeebra:まず聴いてみましょうか。

Mummy-D:Normcore Boyz『PIT feat. Ry-lax』

 


 

Mummy-D:彼らのアルバムが最近出たっぽいのよ。

Zeebra:そうなのよ、先々週ぐらいかな。

Mummy-D:それを良さそうだなぁと思ってずっと聴いてたんだけど、Normcore Boyzをサマボムで誰かに紹介してもらったのよ。

それで気になってたんだけど、みんな上手いね。

Zeebra:そうなのよ。

Mummy-D:普通さ1人ぐらいさ「ちょっと頑張れよお前は」って奴いるじゃんよ(笑)

Zeebra:いるいるいる。

Mummy-D:でもみんな上手い。

Zeebra:そうなのよ。

Mummy-D:そしてね俺はね、最後にラップしたSpada君、彼のボーカリストとしてのさ喉の使い方。

Zeebra:分かるよぉー。

Mummy-D:分かるでしょー(笑)

Zeebra:これね、なかなか出せない所出しちゃってるんですよ。

Mummy-D:ニュアンスすがね、ちょっとヘタレを混ぜつつ。

Zeebra:そうそうそう。

Mummy-D:ちょっと日本人っぽくないセンスだよね。

Zeebra:あのね、超今のUSラッパーっぽい。

Mummy-D:あぁー!

拙さを割と出していくみたいなね。

Zeebra:そう!わざと拙いんじゃない?悪い奴だよ。

Mummy-D:悪い奴だよねえー。

もっとタイトに出来てるくせにさ。

Zeebra:この子ちなみに言うと、中学生の頃から知ってるの。

Mummy-D:マジで!今いくつぐらいなの?

Zeebra:今19かな。

Mummy-D:マァァーージで!!!そんな若いの!?ふざけんなよ!!!

Zeebra:昔キットカットのイベントで広尾中学を使ってハロウィンパーティーをやったわけよ。

中学校使ってやったから中学生、高校生ぐらいのラッパー とかダンサーが出るみたいなのやったわけね。

その時に中学生、高校生ラッパー 探したいってことで、Aceに相談して「渋谷サイファーとかに若いの居ないの?」って言って紹介されたのがSpadaとかNovel Coreとかで。

まだ皆んな中3とか高1とかだったんだけど、いきなりその瞬間からフリースタイルくそ上手くて!

Spadaだからフリースタイル超上手いよ!

Mummy-D:マジでぇフリースタイルも上手いの?

Zeebra:超上手い!MCバトルとかでないけど。

Mummy-D:いやぁーなんか引くなあ。

Zeebra:引くぐらい上手いよ(笑)

Mummy-D、Zeebra:ふははは(笑)

Mummy-D:だって10代であの発生出来てるってさー、俺だってもうすぐ50だよ!

Zeebra:ふははは(笑)

Mummy-D:あと1ヶ月後50歳でまだラップ上手くなりたいって思ってるのに、あのフィーリングが出せるっていうのわね。

Zeebra:ねー。

Mummy-D:すごいと思いました。

Zeebra:でもね、上達すげーしてるのよ、全員が。

Mummy-D:センスいいよね。

Zeebra:センスいい!

Mummy-D:やっぱ東京っぽいていうか、お台場だったっけ?

Zeebra:お台場が地元の子達なんだよね。

Mummy-D:やっぱちょっと川崎とは違うね(笑)

Zeebra:はははは(笑)

誠に申し訳ございません(笑)

Mummy-D:川崎はね、やっぱ川崎っぽいんですよ、僕は神奈川県民だから。

Zeebra:はいはいはい、分かります。

言うたらさ、俺も東京都民だけどさ、お台場っぽいとか俺らの世代なかったからね。

Mummy-D:お台場じゃないもんね、13号地とかそういう名前だったからね。

Zeebra:そうそう、ただの埋立地だったからね。

Mummy-D:やっぱね、同じ海よりの湾岸でもね、、やっぱ川崎の人達とは違う(笑)

Zeebra:ふははは(笑)

ちょっと変わってくるわけね、その辺ね(笑)

Zeebra:彼らね、実は今回のアルバムが1stアルバムなんですよ。

今まではEPとかでやってきてたのかな?

とにかくね、クオリティの上がりっぷりにマジ上がってる!

 

Normcore BoyzMEDIAGE」  Link

 

Mummy-D:いや本当!俺もだからアルバムで聴けるなんてスゲーなって。

Zeebra:まずはスゲーいい子達なの。

会うと笑顔が素敵な若人達みたいな。

Mummy-D:若人達。

Zeebra:「おはようございます!」って超笑顔で来るから、もう抱きしめたいみたいな。

Mummy-D:はははは(笑)

Zeebra:俺は完全にお父さんのつもりだから。

Mummy-D:なるほどね。

Zeebra:あと普段からワチャワチャしてるわけですよ。

だからイベントとかに居るだけでパッとするわけよ。

Mummy-D:へぇーいいね。

Zeebra:そういうのもあって、結構良い!良い!って言ってたんだけど。

今回マジでアルバムのクオリティーでもうなんか安心って感じ。

Mummy-D:ね!なかなか一曲は聴けてもアルバムとなると色んな引き出しとかないと聴いてて辛くなっちゃう事もあるけど。

Zeebra:本当そう。

Mummy-D:彼らの今回のアルバムとても良いですわ。

歌ってることアホなんだけどね(笑)

Zeebra:まあね(笑)

Mummy-D:若いし、それも込みでやっぱり良いですよ。

Zeebra:彼らと一番初めに出会った時は、WREPの昼の番組にゲストで来てもらって。

全員で来て皆んなの名前を1人ずつ聞いたんだけど、俺が一番ツボっちゃったのは、1番年下のポッチャリしたビギーの子供版みたいな子分かる?

Mummy-D:分かんない。

Zeebra:ポッチャリした子がいるわけよ。

今18かな?その子の名前がNight Flow Mikeっていうの。

その名前付けるセンスとか超かわいくない?

Mummy-D:分かんないけど(笑)

Zeebra:どういう意味があるの?って言ったら「なんとなくぅ」とか言ってて(笑)

Mummy-D:大丈夫!大丈夫!俺もMummy-Dとか適当な名前付けて引っ込みつかなくなったから。

だから大丈夫だよ!

Zeebra:そっかそっか(笑)

さっきの曲にはRy-laxって奴もfeaturingされてて、彼もスーパーいい子ですし。

ここで6時から2時間番組やってるのよ、もう喋り出したら止まらないのよ。

ラジオとかスゲー向いてる。

Mummy-D:ふーん!

Zeebra:奴も同じタイミングでアルバム出してるのよ!

だからこの2組のアルバムは皆様、要Checkという感じでございます!

Mummy-D:ですね!

 

Ry-lax 「CONTROL」  Link

 

 

関連記事

 

「第三研究室」書き起こし記事まとめ R-指定の日本語ラップ紹介 | まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。