「洗濯物干すのもヒップホップ」ILL-BOSSTINOのサンプリング

洗濯物干すのもヒップホップ

「洗濯物干すのもヒップホップ」はZORNの名曲「My life」でのリリックです。


 

 

洗濯物干すのだってそれだし

THA BLUE HERBのセルフタイトルアルバムに「 THA BLUE HERB 」に収録されている「LIKE THE DEAD END KIDS」は、入れ替わり立ち替わりの激しいラッパーという稼業で、辞めていくラッパーに向けた曲です。

派手な女遊びや大盤振る舞いを曲にしなくても、日常をいかに魅力的に切り取るかがラッパーだと訴えており、まさにZORNのスタイルそのものです。

次はお前の番だぜ どうだ?
GO AHEAD やってみせろよ 正々堂々さ
それでそこそこやってやめてく 殆どが
生活のため もっともだ
でも何よりHIP HOPってのは元々が
その生活そのものだって思うのさ
洗濯物干すのだってそれだし
営みってのはそっけない 取り留めない
だけどそこにドラマを見出していくのが俺達
ラッパー自慢のお手並み

 

そして目の前の一段に最前を尽くせば行き止まり(DEAD END)から広い世界へ”連れ出す“とILL-BOSSTINOは歌います。

LIKE THE DEAD END KIDS 広い世界に連れ出す
想像してみなよ 昔よりもFREE

“行ける”ではなく”連れ出す”という表現をしているように、THA BLUE HERBは自分達の音楽の力のみで切り開く姿を見せてくれています。

 

 

ZORNとTHA BLUE HERB

ZORNはTHA BLUE HERBのファンであることがインタビューで語られています。

「柴又日記」収録の「かんおけ」はO.N.Oのトラックです。


 

 

乾燥機かけるのは…

「洗濯物干すのもヒップホップ」に繋がる裏フレーズがありました。笑

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。