【第三研究室】CHICO CARLITO「あのデブは三個上」を語る

2022年2月18日のWREP第三研究室にてCHICO CARLITO『27』のリリック「あのデブは三個上」を語る。

 

Zeebra:私がアルバムから1曲選ばせていただいたんですけど『27』

これは27歳がテーマになってるだろうと思うんだけど。

CHICO:はい。

Zeebra:これは去年の自分が27の時に作ったってことなのかな。

CHICO:そうです。

Zeebra:「ロックスターが死んでいった27歳」これHookにあるんですけども、いわゆるロックスターが27歳で死にがちっていうやつをテーマに。

CHICO:そうです27Club、俺らはそれを超えて今生きてるよって。地元の奴らに結構向けて。

Zeebra:地元の奴らの描写が最高にね。なんていうの個人的でね。

「走って逃げる あのデブは3個上」っていうラインが(笑)

Mummy-D:ははははは(笑)知らねーよ!

チコの曲でマジで誰だよ?って名前がすげー出てくるんだよ(笑)

CHICO:「中村 マジかよ 嫁がフランス人」ってフレーズを一番聞いてほしい(笑)

Zeebra:チコがどういう人なのか分かる感というのは、まさにこの曲にも超詰まっているなと。

Mummy-D:「中村 マジかよ 嫁がフランス人」(笑)

CHICO:そうなんすよ。隣の団地で、こいつと一緒に3個上のデブに追いかけられてるんすよ。小学生の時に。

Mummy-D:ははははは(笑)

Zeebra:大丈夫?これ読んでまた怒らない?

CHICO:絶対に届いてないから大丈夫です(笑)

(中略)

Zeebra:とにかく、そこら中にチコが過ごしてきた世界が散りばめられていて。

もちろんさ「知らねーわ」ラインもあるんだけど、これって何かっていうとむしろ超普遍的で。

みんな一人一人それぞれが誰も知らない自分達しか知らない世界があるわけだよね。

CHICO:そうですね。

Zeebra:それを聞かされることで、むしろ自分のところと重ね合わせられる所があるなと思って。

だから俺はこういうのはすごい好きですね。

CHICO:ありがとうございます。

Mummy-D:なるほどなー。

やっぱり「走って逃げる あのデブは3個上」むかつく3個上ってなかなか居なくないですか?(笑)

2個上までなら分かるけどさ。

CHICO:いやいや小学生の時の話なんでね。

Zeebra:まあ俺で言うとムカつく3個上はKダブシャインって感じですね。

Mummy-D:ははははは(笑)

Zeebra:今は仲良いですけど


関連記事

 

「第三研究室」書き起こし記事まとめ R-指定の日本語ラップ紹介 | まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。