【韻考察】THUNDER『好きなように生きればいい ft. GADORO』

GADOROの韻は歌い出しから物凄い密度と量です。(給料もないよ [ u o o a i o ] の韻を立て続けに7連続)

また、圧巻なのな2ヴァース目ラストに向かう韻、「無駄だと言われ」 [ u a a + o i a e ] の畳み掛けと「キリがない砂漠」[ i i a a i a a u ] の長い韻です。

無駄だと言われ 無様と言われ
不安が込み上げる
蓋はこじ開ける
負担が大きい掛け 無茶は承知だぜ
まで すまんが退きません
このシーンはキリがない砂漠
俺の部屋みたく 一から散らかす
転けても君は立ち上がる
あの日の無様が生き様に変わる

プロップスが上がると同時に韻へのこだわりも更に強くなる、我々韻好きリスナーが大好きなラッパーです。

「未だ未知」と「イバラ道」の韻もシンプルに綺麗で好きです。


給料もないよ 就職も不採用
通称粗大ゴミが文章を書いちょる
無性の愛情 スポットライト
俺は不適合者らの 不動のアイドル
産まれこの方 低脳なド底辺
歌で覆す成功者の名言
一度きりの人生
お前は誰に遠慮して生きて
隠したい真実もヴァースに刻む
どんなMCだって眼中にある
あれは確か14.5音楽の通知表
1だった俺が今じゃ音楽で数字取
豪華なフルコース食べて
殿様ぶる富豪かたやカップ麺
すすり今日も思うまま綴ろう
ペラペラの靴底物語る苦労
俺は言葉吐くプロ
向かう音が鳴るフロア

誰が何を言っても関係ない
自分が好きなように生きれば良い
その感覚を信じてGet the glory
あの日憧れたヒーローのように
Still never give up
Mi seh never give up
Never give up
一歩づつ進む凸凹
踏みしめてる2度とない日々

愛と勇気が友達のアンパンマン
嫉妬と妬みが友達のバーサーカー
復讐からは何も生まれないらしいが
音楽が生まれたんだ
吹き荒れる暴風の中で
耐え凌ぐアジサイ
戯言も現実に変えちまえば
パンチライン
この先は未だ未知
肩で風切って歩くイバラ道
無駄だと言われ 無様と言われ
不安が込み上げる
蓋はこじ開ける
負担が大きい掛け 無茶は承知だぜ
まで すまんが退きません
このシーンはキリがない砂漠
俺の部屋みたく 一から散らかす
転けても君は立ち上がる
あの日の無様が生き様に変わる

誰が何を言っても関係ない
自分が好きなように生きれば良い
その感覚を信じてGet the glory
あの日憧れたヒーローのように
Still never give up
Mi seh never give up
Never give up
一歩づつ進む凸凹
踏みしめてる2度とない日々

俺も大したことない普通の人間
他の誰かを羨ましがって
ばかりで恨んでた人生
周りと話も合わずに孤独で
貫けるほど自信もなくて
とどくきもせず言い訳にも慣れて
諦めそうでも耐えて
いつも支えてくれた音楽
おかげで徐々に定まった方角
試行錯誤ししてきた上達
好きにやれるようになったようやく
So your life is free
他人の評価なんか構わずに
お前ならやれるさ力まずに
少しづつ変わりだす風向き

誰が何を言っても関係ない
自分が好きなように生きれば良い
その感覚を信じてGet the glory
あの日憧れたヒーローのように
Still never give up
Mi seh never give up
Never give up
一歩づつ進む凸凹
踏みしめてる2度とない日々

関連記事

 

▼「韻」考察カテゴリーへ移動

「韻」解説 記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。