【NITRO】「To All My People」は語り継がれるべき名曲

 

「NITRO復活」が現在Hotなトレンドとなっています。

そのNITROのメンバーであるSUIKENとS-WORDは「SUIKEN×S-WORD(通称SS)」名義で活動をしており、アルバム「HYBRID LINK」を発表しています。

そのアルバムは17曲 2枚組という特大ボリュームの名盤です。

 

DISC1
1. INTRO
2. GREAT DAY IN TOKYO
3. TRIPLE THREAT-三獣 SHIT- ft. DABO
4. RADIO SHOW!! ft. BUTRCHER+REILI
5. BAMBOO INTERLUDE
6. IT’S A NEW DAY
7. HIEROGLYPH
8. STONE STEALERS ft. D.L
9. TO ALL MY PEOPLE

 

DISC2
1. STILL WATERS RUN DEEP
2. LET’S GET PARTY
3. TAIPO ft. MABO
4. BIG GAME ft. CHOZEN LEE + TRUTHFUL(FIRE BALL)
5. SUSW ONE
6. YES YES!! ft. Tina
7. RAIDBACK WEEKEND ft. HI-D
8. OUTRO

その中でも「To All My People」は「戦争・争い」という壮大なテーマを歌っており、これまでNITRO関連の作品でも特異な曲となっています。

この曲はSUIKENとS-WORDが自身の無力感や憤りなどをミニマムな視点で描かれています。

戦争してねえやつの方が多いんだよ マジで

ああ、言葉だけじゃ伝えることが
ああ、本当に難しい

語りかけるような優しいS-WORDのHookは、他の力強いインパクトある曲とは一線を画す魅力があります。

この先語り継がれるべき名曲を是非!

 

 

関連記事

R-指定の日本語ラップ紹介 | NITRO MICROPHONE UNDERGROUND / NITRO MICROPHONE UNDERGROUND 『LIVE19』のOld Schoolビート一覧|NITRO MICROPHONE UNDERGROUND

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。