ストーナー(マリファナ愛好)日本語ラップまとめ

CHOUJI – バッズマン


沖縄のラッパーCHOUJIの名曲です。

CHOUJIはトラックメイカー、ビデオ制作などマルチな才能を持ち、人間味溢れるリリックで心に染みるラップが特徴のラッパーです。

バッズマンはゴリゴリのストーナラップにも関わらず、キャッチーで誰でも楽しめるが曲となっています。

 

▼地元沖縄でのLIVEも盛り上がりは凄まじいです。


 

CD購入はこちら

 

▼ 歌詞,方言解説

バッズマン / CHOUJI | MV,LIVE,歌詞,方言解説

 

舐達麻 – LifeStash


 

大麻吸いてえ畜生」「たかだか大麻 ガタガタぬかすな

というパンチラインが生まれた曲です。

<Stash>とは「(秘密の場所に)隠す、しまう」などの意味です。

 

▼ 歌詞

LifeStash / 舐達麻 | MV,歌詞

 

「GODBREATH BUDDHACESS」Link

 

MEGA-G – HIGH BRAND feat.DOGMA


 

DOGMAとMEGA-Gは「STONEDZ」というグループを組むほどストーナーです。

STONED:マリファナでハイになった状態

 

 

梵頭 – CHAIN SMOKERZ feat. STONEDZ


 

梵頭とSTONEDZ(MEGA-G & DOGMA)の超ドープな組み合わせです。

音源・動画の尺を4:20で納めているところが粋です。

420は大麻を表すスラング(俗語)

 

▼ この曲収録アルバムレビュー

2007 / 梵頭 | 音源レビュー

 

「2007」

 

漢 a.k.a. GAMI & D.O – 420


 

この2人を外しては語れませんね。

そして、「年中無休でポリスとガンジャを上手く巻く」というパンチラインが生まれたのはこちらの曲です。


漢 a.k.a. GAMI, RYKEY, DOGMA, MEGA-G, NIPPS – COVER UP


 

RYKEYもストーナーとして有名です。

 

 

RYKEY × BADSAIKUSH feat.MC 漢 – GROW UP MIND


 

かなり煙たいメンツです。

漢のバースの締めは

一服吹かしてNorthrenBlueを聞き直しな

NORTHERNBLUE 1.0.4.』は舐達麻の1stフルアルバム。

 

MARY JANE」 Link

 

ジャパニーズマゲニーズ – REAL STONER


 

ジャパニーズマゲーズのトビ方の指南アルバム「TRIP MASTER」はストーナー必聴です。

 

TRIP MASTER」収録 Link

 

Awich – Love Me Up (Prod. Chaki Zulu)


 

多幸感溢れるLove songの一面と、ストーナーラップの一面を持っている曲です。

映像も可愛いダンスと子供番組風の映像がとてもキャッチーで、幅広い層に受け入れられるよう上手く作られています。

巻き髪なびく女の子 熱い視線灯す男の子 ” は[巻紙]や[火を灯す]こと、”魔法を込めたZiploc”は[パケ]を連想できたり、ハイになった状態を “気づけば体がサルバドールダリ 記憶の固執をさまよう二人 “と表現し、時空の歪みや溶けた世界観が連想されます。

時計や車のナンバーが4:20であったりRAW paper、紫の煙と細かいネタが忍ばせてあります。

 

サルバドール・ダリ 作「記憶の固執

様々な推察があるが、時空の歪みを表現していると言われています。

 

Heart Awich  

 

 

owls – 4:21

ビートメーカーのGREEN ASSASIN DOLLARとラッパーのrkemishi(エミシ)のコンビ『owls

GREEN ASSASIN DOLLARのヘヴィーでありながら懐かしさも感じる浮遊感あるトラックにrkemishiの鋭いラップを乗せたスモーキーな作品。

今やrkemishiの代名詞となっているパンチライン“シラフなワケねぇじゃん”のラインが入っている楽曲。

 


 

 

Ganjah Ganjah / Theタイマンチーズ

「少年」   

 

J-REXXXと紅桜による「The タイマンチーズ」

「Ganjah Ganjah」は言わずと知れた名曲です。

 

Sai Bai Man Feat.OKI / SEEDA

「花と雨」   

 

『花と雨』収録のこの曲。

マリファナ栽培をテーマにするとは、とても奇抜です。

 

緑盤 / 韻踏合組合

「緑盤」 

 

「ガッツだぜ!!」をオマージュした「バッツだぜ!!!」などを含む、全お野菜チューンのみで構成されたIFKの隠れた名盤

パケ風のパッケージは遊び心とこだわりを感じます。

 

ブッダの休日 / BUDDA BRAND

病める無限のブッダの世界 ― BEST OF THE BEST (金字塔)」収録 

 

イントロではマリファナを回し吸っている光景を想像させる会話

リリックでも”一服いれる”などそれを示唆する表現がある。

しかし、これはDEV LARGEの戦術的にセンセーショナルにするための狙いうちで、確信犯であえて入れたイントロだという。

まとめ

こちらの記事では、よりストーナーラップを楽しむために、スラング、用語解説をしていますので是非。

マリファナにまつわるスラング・用語解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。