唾奇の名曲「道-TAO-」そもそも「道-TAO-」とは?

「道-TAO-」とは?

 

「道-TAO-」とは、今から2300年前に作られた中国の書物「老子」で書かれている思想です。

「道」を 中国語ではDao、或いはTaoと発音し、 Daoは日本語に入って「道」(ドウ)と読まれ、 剣道や柔道などの「道」として使われいます。一方、英語圏ではTaoとして定着しています。

「道」はすべてを包含する原理原則であり、これを認識することで物事の終わりと始まり、表と裏、根源が見え、目の前の事象に惑わされない平穏な心を持てると説いています。

小難しく書いていますが、ザックリ言えば

グリってもbadになんて興味ないぜ
いつも通りに戻るぜ

と言う感じですかね。

「道-TAO-」は普遍的思想である故に抽象的です。

長年、多くの人が様々な解釈をしています。

心理としては仏教の「諸行無常」やギリシア哲学の「万物は流転する」と近いと思います。

 


 

「道-TAO- “CD”」 💿

 

 

関連記事

 

「道-TAO-」感動的なライヴ映像集と方言の解説 唾奇はサンクラ音源も熱い 唾奇のLIVE映像がやばい!! ラッパー黄金世代 78年と91年 【ラッパー】「沖縄」というラッパーの宝庫|人物とおすすめ曲を紹介 「パクった傘」というリリックが唯一かっこいい曲「betty blue」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。