志人『狐の嫁入り ~神様が棲む村のうた~』|すべての言葉が韻に関与する畳み掛け!!!

『狐の嫁入り ~神様が棲む村のうた~』は地方に伝わる怪異を題材にしており、その怪しさと不気味さは韻の畳み掛けによってより増大しています。

圧巻な韻の畳み掛けは、韻に関与しない言葉を殆ど排除しながらも、ストーリーの筋や世界観を崩さないという神業です。


 

 

昔々 深い 沼地に咲く 蓮の花に座り
澄まし顔の 水澄ましが きつく抱いた夕闇 揺らぎ
暗い夜道 ふわり 浮かび上がる 村に 歌い

あらましき 災いに やかましい阿唐獅子
風上に 抗いし 山並みに 逆らい花は散り

閻魔様に 天は黙り 剣片喰 禅袴に 伝鉞 研磨かかり 線露に 田河原
面重なり 点現し 芸は盛り 生儚き 名は名無し 平和語り 念釈迦じゃ
宴酒場に 命高鳴り ええ魚に玄米と 献杯と 返杯を 先代よ天体へ

の嫁入りの晩 三つ目の狛犬が 手毬 ねだり 絵描きせがむも根無し
困り果て弱い雨終わりかけ怒鳴りたて
御上かて 逸らした目 空見上げ おら知らねえ

陰日向に咲く花の色匂いは清らかで
情け定め抱かれ やがて別れ任せ
草戯れ 夢に酔い 詩種蒔き生まれ
うたかた鳴く つまやかな 氷柱から落つる涙

雨の宵山 時坂越え 風の間に間に やれ恋敵
待てど暮らせど来ぬ宵闇や
さても知らねど 問いの訳

ああどうした

早暮れ行く山際に 唐紅 綾なす雲 潮照らす篝火の煌めく方うかがえば
朝夕べを刻みてし 天のを渡るべし
見よ潤わし 空の星
二度来るまじ 永久の森
乙女心 白玉の 命薄き蝉の羽よ 村時雨虚しくて
いと短き夢まどか
聞けば遥か御前山 かかる涼しき音を立てて
猛き心痛ましむ 照る日や月常闇に

永久に 空に溶けて行く
終り の無い苔むす
とこしえに 蘇残して 神様が棲むうた

 

音源

この曲が収録されている『Zymolytic Human ~発酵人間~』は詩とラップのバランスがよく、聴きやすくパンチラインだらけの名盤なのでおすすめです。

一時売り切れ状態でしたが、再販Verとして『醗酵人間』が出ています。

「醗酵人間」 

 

また、スガダイロー演奏による別Verは志人 & スガダイロー『詩種』に収録されています。

「詩種」 

 

 

関連記事

踏みすぎ踏みすぎ!志人さん ながーーーい、韻。 歴史的長文の韻!!!LITTLE『ワンマンショウ』韻考察 同じ韻で1曲踏み通す!!!NORIKIYO『コンビニ』韻考察 踏みすぎ 踏みすぎ!ZORNさん 踏みすぎ 踏みすぎ!R-指定さん LITTLEのスキルが詰まった楽曲『RAPが好き』|総数120個の韻 考察 【職人芸】『The Skilled』LITTLE,FORK,YOSHI 120個のライム解説 志人はリリシズムの中で韻をどれだけ踏んでいるのか|結-YUI- の韻考察

▼「韻」考察カテゴリーへ移動

「韻」解説 記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。