日本語ラップ情報マガジン Vol.6

日本語ラップ情報マガジン Vol.6

▼第6号 2019.05.6


毎週月曜日発行

発行時にはライン@とTwitterで通知しています。

是非フォローをおねがいします。

ライン@

Twitter

今週の目次

1. 注目の新着音源
2. 注目の新着動画
3. HIPHOP時事ネタ
4. 音源レビュー
5. 今週のパンチライン
6. (明日から使える!?)パンチラインで学ぶ英会話
7. 今週のお題
8.執筆後記

注目の新着音源

シチュー / PizzaLove

この人食べる物全部曲にする気かな。笑


dark side~prelude~ / 紅桜 × dj honda

フルアルバムの「prelude(前奏、前触れ)」として発表されたEP。

徹底的に黒い作品です。

dj hondaのぶっといビートと紅桜のラップがかなりドープ。

フルアルバムは9月に発売予定。かなり期待です



ハロウィーン / Lick-G

英語のライミングもすごいし、日本語は詩的。

Meisoを彷彿させる


GOKOH / 踊Foot Works

最高!疾走感あるトラックとラップがかなり好みです。

ドライブしながら聴くのが最高でした。


LEX DAY GAMES 4 / LEX

16歳でこのエロさとお洒落さを出せる時代ですね。衝撃すぎる。

サンクラにも大量に音源があり、凄まじい才能です。

私の高校時代は「おっぱい」と「だるい」の2語で生活してました。16歳なんてそんなもんです。


I am Special / kamui

元TENG GANG STARR のラッパーkamuiの新作ソロアルバム。

トラックがとにかくいかれてる。

それにラップを乗せれるのもいかれてる。

異端のラッパー

2. 注目の新着動画

Brushing man / bokunou


Pink Guyの『I Love Sex』的な路線でぼく脳も世界的ヒットをだすかも。。


Yuki Nakajo / kZm


曲もMVも美しくてはまってしまいます。

Yuki Nakajoとは友達の名前らしいです。


KREVA / ニューヨーク


似てねぇ 笑


【ジョージア】Worker’s Song #05 ソフトウェアエンジニア short  R-指定


締めのフレーズを作ったり、「楽をするため楽しむ」という言葉遊びをする即興のレベルが凄すぎるR-指定


平成 / SANABAGUN.


同世代として、懐かしすぎて泣ける曲。青春が詰まってる。

▼レビュー記事

SANABAGUN.の『平成』に出てくるワードがたまらなく好き

Color Love / Shurkn Pap


女優は自分の名前を文字ったAVが発売されたら一流。

ラッパーはXLARGEかReebokに目を付けられたら一流。


Super Dry / 黄猿


黄猿はバトルしか見たことなかったけど、アルバムかなりかっこよかった。


GROW UP MIND / SIMON JAP


逆境をはね除ける本物のラッパー。

リリースパーティーめちゃめちゃ感動しました。


GROW UP MIND feat.MC 漢 / RYKEY × BADSAIKUSH


やばいっす、ついに舐達麻と漢の共演作品が!

3. HIPHOP時事ネタ

私が興奮したHIOHOP時事ネタに私的なコメントをするコーナーです。

【1】小林勝行 新作発売か?

店頭販売されていない2ndアルバムもかなりよかったので、今回も期待です!

彼の人生が詰まっている楽曲は毎回心が震えます。

▼2ndアルバムのレビューはこちら

オレヲダキシメロ / 小林勝行 | レビュー

 


【2】ジブさんに質問 「Kjとは今どうなってますか?」

中林美和とMEGUMIのGrateful Daysはやばい!笑

 

【3】SHOが世界進出!!

アメリカ人がGucci Gang 聞いてる時はこんな気持ちなんだろうか。

 


【4】Buddha Brand、ニューアルバムを制作中

D.Lの命日に朗報!!

楽しみ

【5】KANDYTOWNが秋に2ndアルバム発売、東阪Zeppツアーも

今やソロでの活躍が目覚ましいkandytown アルバムかなり楽しみです。

4. 音源レビュー

評決のとき / SWANKY SWIPE

最近話題の多いSCARSのメンバーのBESがメインMCのグループSWANKY SWIPEの名曲「評決のとき」

BESは気だるそうな声とレイドバックしたフローが特徴で、彼の新譜が発表されると毎回大きな話題になるほど、人気が高いラッパーです。

最近ではKOHHの『まーしょうがない』において、

上だの下だの 金額の違い
ベス間違いない

と、BESの楽曲『The Process』のラインをサンプリングしています。

 

『評決の時』は、ヤクザの抗争の話、容疑者の身内の心情など、ぶっ飛んだ内容をもの凄いリアリティで語られています。

この曲では、もともとSEEDAも1バース歌う予定でした。

しかし、BESのパートが凄すぎてSEEDAが辞退したそうです。

そして今のアウトロのみにSEEDAのパートを入れる形になったそうです。

この曲が収録されている「Bunks Marmalade」は2006年に発売されました。apple musicでも聞くことができます。

5. 今週のパンチライン

“人類はもっともっと踏んでいいのさ
踏むと踏まんとじゃ雲泥の差”

-LITTLE-

『The Skilled feat. LITTLE & FORK』はYOSHI、LITTLE、FORKという日本屈指のライムスキルを持つ3人が徹底的に韻を踏みまくる曲です。

これまで彼らは韻について『踏み上がり』『韻バカ一代記』『愛しのライムちゃん』などで定期的に題材にしています。

今作は『韻』を題材にした最新作ですが、やってる事は昔から変わらず、「固く韻を踏むこ」ただ1つでなにも変わりません。

三者三様のライミングは圧巻のスキルです。

 

ARTIST:餓鬼レンジャー

TUNE:The Skilled feat. LITTLE & FORK

▼「The Skilled feat. LITTLE & FORK 」のライム解説

【職人芸】『The Skilled』LITTLE,FORK,YOSHI 120個のライム解説

6. (明日から使える!?)パンチラインで学ぶ英会話

God’s Plan  《神の計画》

ARTIST:Drake

TUNE:God’s Plan

何か企んでいる時に使えるパンチラインです。

7. 今週のお題

先週のお題

令和」で踏める韻を送って下さい。

「テーマは令和」 by スナギツネ

今週のお題

「アベンジャーズ」で踏める韻を送って下さい。

ライン@

8. 執筆後記

最後まで読んで頂きありがとうございます。

今週は海外にいて最新情報をチェックしてなく、ニュースが少なめでした。

ゴールデンウィーク最高でした。Twitterでも楽しそうなイベントの動画で溢れてましたね。

特にkZmと変態紳士クラブの人気はエグいですね。

では、今週はこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。