竹原ピストル『狼煙』巧みな韻と言葉遊びを考察

竹原ピストル『狼煙』の韻と巧みな言葉遊びを考察しました。

誤り・抜け等あればご指摘ください。

個人的な考察なので、参考程度にお願いします。

 


 

 

マイクチェックなし 唐突に言葉の雨降らし
辻斬りに明け暮れる暮らし
シーンの最底辺でエンターテイメント
野次を声援にひっくり返して
まんまとポケットにねじ込む 投げ銭数万数千円

てな歳月を延々経て経て すっかり食うには困らなくなったが
ある意味合いにおいてはペコペコにハングリーなまんま
栄光を食い散らかして満たし たい腹の中
標的はあくまでミュージックシーンのNo.1

 

考察

延々” “経て経て” “ペコペコ“と言葉を繰り返す「畳語」でリズムを作っています。

ペコペコにハングリーなまんまだ“は飯を意味する「まんま」も連想されます。

 

惑わずってよりは惑えず 潰しの効かない不惑40
恥ずかしげもなく今だくっきり思い描くサクセスストーリー
ホーミーさんこちら 手の鳴る方に 心配すんな 腕は確かだ ほらこの通り

 

考察

惑わずってよりは惑えず 潰しの効かない不惑の40が

この一文は、孔子の言葉「四十にして惑わず」に対する歌詞です。

孔子の言葉は【四十歳になって、道理も明らかになり自分の生き方に迷いがなくなったこと】を意味しますが、迷うほどの選択肢を持たず1本道を邁進してきたということでしょうか。

そして「不惑」が曲中では「Fuck」に聞こえるという、言葉に2面性を持たせた非常に巧みな歌詞です。

 

モチベーションは底なし
男らしく遥かなを胸に
行く先々でダミ声轟かし
知らねー限界 隙がねー展開
とうとう足を踏み入れる射程圏内

アンダーグラウンドから狼煙が上がるぞ
アンダーグラウンドから狼煙が上がるぞ
のし上がるぞ

鼻先にぶら下げられたにんじんごときには目もくれず
背中に積まれた掛け金の重みで加速させるレース
本命 穴馬 掻き分けて
ライク ア れコータロー
走るってこうだろう?

 

考察

脚韻に加え“コータロー”こうだろう?”のような同音異義の韻も入っています。

狼煙が上がるぞ” と”のし上がるぞ“はほぼ同音で、曲中の意味もほぼ同じという、この言葉の組み合わせが絶妙です。

 

ソルティー・シュガーの『走れコウタロー』


 

 

影から影のように忍び寄り
そして背後からそっとトップランナーの肩を叩く
だーれだ?おいおい、忘れちまったか?
あのときテメーが散々バカにした、俺だよ。

アンダーグラウンドから狼煙が上がるぞ
アンダーグラウンドから狼煙が上がるぞ
のし上がるぞ

アンダーグラウンドからのし上がるぞ
アンダーグラウンドからのし上がるぞ
狼煙が上がるぞ

 

狼煙(朗読)~Live at 京都大作戦2017~」収録  Link

 

狼煙(ver.2)」収録  Link

 

 

まとめ

 

R-指定がラジオにて

ラッパーとして言葉を扱ってる者として竹原さんの歌詞を聴いた時に、別ジャンルとして「いいな」って思うんじゃなくて。

ラッパーとして「やられたっ」って思う言い回しが多いんですよ。

と語るように、この曲でも唸るほど巧い歌詞がたくさんありました。

 

▼そのラジオの書き起こしはこちらです。

R-指定、竹原ピストルの『一等賞』を紹介|竹原ピストルをラッパーとして解析

 

関連記事

 

踏みすぎ 踏みすぎ!ふぁんくさん 踏みすぎ 踏みすぎ!R-指定さん 踏みすぎ 踏みすぎ!ZORNさん LITTLEのスキルが詰まった楽曲『RAPが好き』|総数120個の韻 考察 【職人芸】『The Skilled』LITTLE,FORK,YOSHI 120個のライム解説 志人はリリシズムの中で韻をどれだけ踏んでいるのか|結-YUI- の韻考察

 

▼「韻」考察カテゴリーへ移動

「韻」解説 記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。