Bill Withers(ビル・ウィザース)と小林勝行

先月(2020年3月30日)にアメリカのソウル歌手 Bill Withersが、心臓疾患の合併症により逝去しました。享年81歳。

数々の名曲を生み出し、グラミー賞3回獲得、ロックの殿堂入りなどの功績を残したBill Withersが世に与えた影響は計り知れません。

 

 

もれなく私も影響を受けた一人であり、きっかけは小林勝行の楽曲でした。

Grover Washington Jr.の『Just the Two of Us (feat. Bill Withers) 』は日本語ラップ不朽のクラシック『蓮の花』のサンプリングソースです。

『Just the Two of Us』は日常にある美しい光景を描写した希望に満ちたLove songである一方、『蓮の花』は暗闇や逆境から立ち上がる泥臭い人間の美しさを描いています。

 

Bill Withers『Lean On Me』は小林勝行『108 bars』のサンプリングソースです。

『Lean On Me』は痛みを抱えた人々が支え合う美しさを描いた曲です。一方『108 bars』は小林勝行の痛みや業を剥き出しにした楽曲です。

 

小林勝行はBill Withersの楽曲と同じ系譜にありながら、非常にパーソナルな所まで落とし込み、生き様を映しだす楽曲を作っています。ラッパーらしいですね。

 

Grover Washington Jr. – Just the Two of Us (feat. Bill Withers) 


 

DJ NAPEY – 蓮の花 feat.神戸薔薇尻


 

 

Bill Withers – Lean On Me 


 

小林勝行 – 108 bars


 

まとめ

 

Bill Withersの楽曲は名曲揃いですし、数多くサンプリング・カバーされています。

エミネムは『Just the Two of Us』をサンプリングした、そのまま『Just the Two of Us』という曲を出しているほどです。

サンプリングソースからどんどん広がっていくHIPHOPの醍醐味ですね。

 

関連記事

 

小林勝行『108 bars』の天才的な情景描写 LIBRO『ある種たとえば feat.小林勝行』レビュー|輪廻転生 出会い 別れ 争い 小林勝行『オレヲダキシメロ』 レビュー R-指定、DJ NAPEY feat. 神戸薔薇尻『蓮の花』を紹介|小林勝行のヤンキー関西弁と生々しいリリックを語る 人生に絶望した時の日本語ラップ Part.2 DJ NAPEY feat. 神門『泥中花』複雑な気持ちを言語化した名曲

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。