【R-指定の日本語ラップ紹介】韻踏合組合『踏んじゃった feat. Lily Spacey』

2022年11月14日のCreepy Nutsのオールナイトニッポンにて韻踏合組合の『踏んじゃった feat. Lily Spacey』を紹介

 

R-指定:ツアーで関西におったじゃないですか。やっぱ関西行くと無性に関西の先輩ラッパーの曲を聴きたくなるわけですよ。

DJ松永:その土地のラッパー聴きたくなるよね。

R-指定:そこでね俺らの先輩、韻踏組合が新しいアルバム『So Far, So Good』を出してて。

R-指定:そのアルバムがねレジェンド韻踏の懐の深さみたいな。結構新しめのビートで『S.O.S. (Same Old S**t) 』は同じことばっか続けてる同世代やったり、ベテランにちょっと警鐘を鳴らすよな「新しいこと試してんんぞ俺は」って曲もあれば。

R-指定:そういう新しい韻踏みもあれば、往年のというか最近逆にあんまやってなかった初期の韻踏みに見られたような、子音踏みで駄洒落スレスレのライム。

DJ松永:あー!!

R-指定:意味とか別にないみたいな、ただ踏みたいだけの曲みたいのがあって。最近すごい意味重視とかリリック重視で聴いてたから、韻を踏む快感だけに特化した曲が久しぶりにアルバムの中にあって。

DJ松永:うわー!初期の韻踏か強そー。

R-指定:HOOKでLily Spaceyさんていう、結構KOPERUのイベントとかにも出てたりする「ようせいハム子」っていうグループの女の子のシンガーで、色んなことをしてるアーティストの人なんですけど。

R-指定:Lily Spaceyさんがサビで入ってて、HIDADDYさんとERONEさんがひたすらナンセンスにライムし続けるという。

DJ松永:へぇー。

R-指定:だから新しいレジェンドの姿とこれまでの歩みみたいな曲もあって「アニキ!」ってなる部分と「お兄ちゃんまだ遊んでくれるんですか俺らと!」みたいな感じもあるすごい良いアルバムやったんすよ。

R-指定:俺らとまだしょうもない韻で、楽しん韻で遊んでくれるお兄ちゃん韻踏みの側面を紹介しようかなと。タイトルがズバリ『踏んじゃった』という曲です。


DJ松永:好きー。

R-指定:さっきも話してたけど、やっぱベテランどんどんふざけんようになっていくじゃないですか。背負ってくるものとかも含めね。

DJ松永:人間のフェーズが変わっていくから、それに合わてラップも変わっていくもんね。

R-指定:もちろんそういう曲もいっぱい入ってる、寧ろそういうの中心やねんけど、こういう遊びの韻踏みも入れてくれてるのが嬉しい。

DJ松永:これは本当に10代後半とかで韻踏みを聴いた時の衝動に近いものが凄いあるな。全然今の時代もこれ良いよね。

R-指定:ありやんな!

DJ松永:めちゃくちゃにありよね。

R-指定:なんか、こういうのをどんどんやってもいいな遊びのラップ。遊ぶ楽しさというかね。

DJ松永:俺らもやっていいね。

R-指定:ありありあり!

 

関連記事

その他の紹介は まとめ記事よりご覧になれます

Creepy Nuts カテゴリーに移動

 

Creepy Nutsのオールナイトニッポンは毎週月曜日の深夜1:00より生放送

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。