FORKの異次元な即興リリック

FSL VOL.1での「Authority vs FORK」よりFORKの3Verse目のリリック。

韻とダブルミーニングが異次元すぎました。

進化した先を見た上でお前の先が心配だ
それでマウント取ったつもりになって錯覚してんだったら
俺が下から三角締め 決めてくぜ
まるで八角みてぇにクセのあるスタイル
実際の所お前は半額以下だ
単なるイカダクルーザーぐらい差がある
お前が恐らくLoserだろうな


マウント→三角締め→八角

相手より優位に立とうとする行為 “マウントを取る” “マウンティング” は格闘技が由来と言われています。

FORKのヴァースでは「マウント」から締め技名の「三角締め」に繋がり、「八角みてぇ」と韻を踏んでいます。

八角は恐らく台湾のクセの強い香辛料です。

このリリック、単に韻を踏むために「八角」が出てきたのではなく、アメリカの総合格闘技団体UFCの八角形リングも指してると思います。

前段の格闘技関連リリックのダブルミーニングになってます。

これに対しAuthorityも「クレベル」「バックチョーク」という単語を交えてアンサーしました。

「クルーザー」「恐らくLoser

半額以下だ」「単なるイカダ」の韻が最高です。

そしてイカダに対して「クルーザー」という例えも最高ですが、そこから展開して「(恐ら)くLoser」で韻を踏むFORKは異次元でした。

どんな思考回路をしていたら「クルーザー」に対して「くLoser」の韻が浮かんでくるのでしょうか?

恐らくお前がLoser」ではなく韻を踏むために「お前が恐らくLoser」と瞬時に言い換えてるの凄すぎます。

また、FORKは2Verse目には「Wiener」という単語を使っておりVerse間の繋がりも芸術的です。

まとめ

Authorityもアイスバーン(路面凍結)に対して「スタットレス」という単語を入れたり、FORKの「三角絞め」というワードに対して格闘関連のワードでアンサーするなど。

こちらも即興とは思えないほど、ハイレベルなラップをしており凄い試合でした。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。