KICK THE CAN CREW『千%』のサンプリング解説

KICK THE CAN CREWの『千%』には、過去の楽曲名やリッリクをサンプリングしています。

この記事では、そのサンプリングを詳しく解説します。

復活を機にKICKを知った方は、過去の名曲を知るきっかけにして下さい。


サンプリングされているのは、MCUのパートです。

まだまだやりつくした感ゼロ
回すベロ でも毎回ヤバイ (完成度)
安定とかも関係なしに
(カンカラ) 宙に蹴飛ばす
(半端なく) 最高な (アンバランス)
頑張らなきゃだせない結果を
頑張って出す君の代弁者 (OK?)
けれどマイペースに注ぐ
ダイレクトな言葉は水のよう 自然な (I rep)
『一生懸命を恥ずかしがるな』
初心忘れずな丸刈りマスター
『ライツカメラアクションで棒立ち』
よりかまし続けしない後悔
たとえ誰に抜かれよーが
余裕に抜くアイディアが生まれそうだ
いつも ONEWAY 『YEAH』
ありのままの姿見せる為 今日も足伸ばすまた


“(カンカラ) 宙に蹴飛ばす”

KICKは『THE BEST OF JAPANESE HIP HOP vol .7』というコンピレーションアルバムで『カンケリ』という曲で共演したのをキッカケに結成されました。

KICK THE CAN CREWを直訳すると「缶蹴る奴ら」

楽曲も『カンケリ01』『カンケリ02』と続編もあり、『アンバランス』のMCUのリリックにも

今日もまた沈んで行く夕日に
缶蹴飛ばして そー夢中に

など、カンケリは原点であり、リリックにも数多く出てきます。




“アンバランス”

言わずもがなKICKの代表曲『アンバランス』です。

代表曲3つ挙げるなら、『アンバランス』『クリスマス・イブRap』『マルシェ』ですかね。

あ、『地球ブルース』。。。

まぁ代表曲を決めるのは大変なので、次の次のまたその次の次の日にでも まーそのうち

マイアンサー No.1
快感の ワンダーランド
階段を上がんなら そう
今じゃない 今はアンバランス



“『一生懸命を恥ずかしがるな』”

『Lifeline』でのKREVAのリリックです。

一生懸命を恥ずかしがるな
堪らず流れ出す涙すら 幾千の時と
幾千の命が巡り合った必然

この後の壮大なサビは最高ですよね。

武道館でのLIVEでは生オーストラで歌ってるので必見です。


created by Rinker
ワーナーミュージックジャパン

“『ライツカメラアクションで棒立ち』”

『sayonara sayonara』でのLITTLEのリリックです。

ライツ カメラ アクションで棒立ち 次回からは用なし


EP『アンバランス』に収録されているサヨナラサヨナラ(イーゼ)もかなりかっこいいです!!CUEZEROがいい味だしています。



ONEWAYYEAH

『ONEWAY』でのサビリリックです。

ONE WAY(yeah) ついて来い ただ前だけをしっかり向いてろ
いくぞ ONE WAY(yeah) ついて来い 飛ばされんぞしがみついてろ
いくぞ ONE WAY(yeah) ついて来い オレのほうだけしっかり向いてろ
いくぞ ONE WAY(yeah) ついて来い 恐かねえぞ しがみついてろ

この曲でのLITTEのライムはマジで神がかってます!!

いざ参ろう It’s my road ride on ride on

頬の水滴 ふいて ついて来 光を追跡(チェッ)

相乗りしマイノリティ 探す愛の意味



14年ぶりの復活となったKICK。

復活の皮切りに発表した『千%』では、これまでの歴史を感じさせつつも、未だに前進し続けるKICKの姿を見せてくれました。

すべての歌詞とMVはこちらの記事にあります。

非公開: 千% / KICK THE CAN CREW | MV,歌詞

 

ちなみにRHYMESTERのサバイバーでのMummy-Dのバースでもこれまでの作品名やリリックがサンプリングされています。

その解説はこちらの記事で解説しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。