R指定、Disry『Under Pressure』を紹介

2021年6月1日のCreepy Nutsのオールナイトニッポン0にてCreepy Nutsのお二人がDisry『Under Pressure』について語りました。

R-指定:日本語ラップ紹介まいりますか。

DJ松永:はい。

R-指定:今日紹介したいのはDisryという同じ歳のラッパーです。

DJ松永:あ!四国の?

R-指定:愛媛、松山ですね。

存在はMCバトルで知ってたんですけど、大阪の現場とかで初めてLiveを観て、挨拶させて頂いたんですけど。

特徴的なのは、ものすごいハスキーボイスで。

DJ松永:そうだね。

R-指定:どすの効いた声でめっちゃ畳みかける上手いラップをするのが特徴なんです。

DJ松永:うんうんうん。

R-指定:ですけども、今回紹介したいのは『Under Pressure』という曲で、『New Season』というアルバムの最後の曲で、もちろん健在なDisryのスタイルもあるんやけど、どっちかと言うとゆったりめのビート感でちゃんとリリックを聞かせるというか。

DJ松永:へー。

R-指定:巧いリリシズムな言い回しや気持ちいいメロディとかでかますって感じのアルバムやったんすよ。

DJ松永:へー意外。

R-指定:進化に俺はすごいくらって。

Disryって愛媛・松山やったけど今沖縄で604Crewと活動してたりするから。

DJ松永:あっそうか!そういう影響もあるのか。

R-指定:沖縄のグルーヴとかを肌で感じて進化していったのかなみたいな。

でも沖縄のメロウな感じとはまた違った、一発消化したからこそ出来たのがこの『Under Pressure』って曲なんかなっていうぐらい俺は新しい面にめちゃくちゃくらったんですよ。

声の面とかメロディの新しい面を聴いて下さいDisryで『Under Pressure』


DJ松永:いやーいいねー。

R-指定:めっちゃいいんですよ。

勝手な俺の想像ですけど、やっぱDisryって元々罵倒とかも出てたし、日本語ラップ的なワード使いをする人やなって思ってたんですよ。

だからこういう、現行感のあるBeatやったりメロウ感じでも、そっち方向のリリシズムとかLiveの仕方やなって俺はすごい思うんですよ。

DJ松永:うんうんうん。

俺らはカゲロウか7日目のセミ

R-指定:ってこの表現もめちゃくちゃ良いんですけど、

いつ死んでもいいように 行動移してみ
あの日の後悔の数 心にシミ
しみこそ 力で慈しみ

R-指定:ってすごいシンプルなラインやねんけど、リリックがすごいしっかりしてるから気持ちいという。

こういうTrapの音に乗せるには韻を短くするというメソッドも要るんやけど、取りこぼされないようなリリシズムもちゃんとあるという。

今の現状とか、2020年Live出来なかった状況とかを踏まえて聴くと更にグッとくるという。

DJ松永:うんうん。

R-指定:それでMVでね、傘を被って踊ってる人がいるんですけど、たぶんね四国八十八ヵ所巡りのお遍路さんを現わしてる。

DJ松永:なるほどねー。

R-指定:で、八十八ヵ所巡りをして苦しいのを乗り越えるというのが『Under Pressure』という曲のメッセージと。

四国生まれのDisryが沖縄という違う環境で戦ってるという人生の中での旅のさなかじゃないんかなーという、勝手に解釈しました。

DJ松永:あらー。

R-指定:すごいおススメなんで、アルバム自体聴いて下さい。

Disryで『Under Pressure』でした。

関連記事

その他の紹介は まとめ記事よりご覧になれます

R-指定の日本語ラップ紹介 | まとめ

 

R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 1年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 2年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 3年目まとめ R-指定のリリックに隠された『ダブルミーニング』を徹底考察 R-指定のリリックに隠された「サンプリング」を徹底考察

Creepy Nuts カテゴリーに移動

 

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0は毎週火曜日の深夜3:00より生放送

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。