R指定、NIPPS『PARTNERS IN CRIME feat. DEV LARGE, XBS & GORE-TEX』を紹介

2021年5月4日のCreepy Nutsのオールナイトニッポン0にてCreepy Nutsのお二人がNIPPS『PARTNERS IN CRIME』について語りました。

R-指定:5月4日は日本のHIPHOPシーンのレジェンド、DEV LARGEさんの命日で。

DJ松永:あーそうか。

R-指定:言わずとしれた伝説のグループBUDDHA BRANDのDEV LARGEさん。

DEV LARGEさんの俺が大好きなヴァースが入っている曲を聴いてほしいんですけども、NIPPSさんと共演をしている。

DJ松永:あっ!前に『GOD BIRD』をかけましたけども。

R-指定:そう。前に『GOD BIRD』をかけたんですけども、もう同じメンツっすよね。

R-指定、NIPPS『GOD BIRD feat. K-BOMB, DEV LARGE, XBS & GORE-TEX』を紹介

XBSさん、GORE-TEXさんとの『PARTNERS IN CRIME』っていうのを。

DJ松永:うわー!いいよね。『PARTNERS IN CRIME』。

R-指定:それこそ、KennyDoesが俺の家に来て『梅田サイファーのオールナイトニッポン0』をやる前にみんなで士気を高めるために日本語ラップを聴こうぜっていうことで。

この『PARTNERS IN CRIME』を聴いて「DEV LARGEのヴァースヤバいな!上手すぎません?」っていう話になって盛り上がって。

そのテンションであの『梅田サイファーのオールナイトニッポン0』の最初、冒頭はサイファーから始まるんやけども、抑えきれんくなって『PARTNERS IN CRIME』のインストでみんなでサイファーをしたんよ。

DJ松永:なるほどね!そういうことか!

R-指定:ビートも最高に首振れるし、ヴァースも、なんていうんですか?

ローなテンションのビートにDEV LARGEさんが割と全開のバイブスっていうか。

うわーっと上がったテンションで来るっていう。

DJ松永:もう血管に青筋を立ててみたいな感じだよね。

R-指定:まさしくスピット!ツバを飛ばすようにラップをするスタイル。

スピットやのにフロウはめちゃくちゃスムースみたいな。

ちょっと聴いてもらってから歌詞を何個かいこうかなと思いますんで。

聴いて下さい、NIPPS feat. DEV LARGE, XBS & GORE-TEXで『PARTNERS IN CRIME』


R-指定:はい、この曲は全員がヤバいんですけども3バース目ですよ、DEV LARGEさん全部気持ちいいっていうか。

DJ松永:傑作だよね。

R-指定:やっぱりこの英語と日本語の韻が別にケツに置かれてるわけじゃなくて、当たり前のようにずっと連なるんですよ。

その「異端のリターン」っていうので始まって

異端Retern ya daddy’s home son
Back to burn, veteran on the run

みたいな [ a n ] っていうのがずっと続いている気持ちよさみたいな。で、俺が好きなラインが

TrendなBoysと頓知比べ

この、なんか言葉を上手いこと言う、あくまでもラップ、こんだけ気持ちいいのに上手いことを言うっていうリリカルなところで。

だから俺もいろんな若いやつが出てくるけども、そういう視点でも頑張らなアカンなと思わされるし。

とにかくね発音もめっちゃ気持ちいいんですよね。

DJ松永:すごいよな。

R-指定:「県 to 県」っていう言い方もめちゃ面白くない?「Coast to Coast」ってをHIPHOPで言うじゃないですか?

「街から街」っていうことで「Coast to Coast」とか言うんですけども、それを「県 to 県」って。

日本語で「県から県へ」って「City to City」みたいな感じで言うし。

10年先見る Doubleな眼

っていう「2つの目」っていうのをちょっとバイリンガルな英語使いの日本語と英語のバランスとかもめちゃめちゃ気持ちいいんですよね。

DJ松永:うんうん。

R-指定:で、ケツに置いてないだけでめちゃくちゃライムしまくっているんですよ。

それがめっちゃ気持ちいい、さっきのところもそうやし、あとは

Gottaな手口は毎度鮮やか
ButterShit出しハメる様々
病める神々 Yeah! we still in here

この [ a a ] っていうのもやっているし。

とにかく発音とかスタッカートも気持ちいい。

たぶん天然でこういう気持ちいい言葉を積み重ねているんだと思うんですよ。

母音・子音に分解してからここで韻を踏もうって置いていっているラップの仕方じゃないっていうか。

たぶん自然に連なるように芋づるで気持ちいい発音とリリックが出てきているんじゃないのかなー?

でもこういう天才の人のはを分析してどうこうっていうのは分かりにくいんですけども、そうじゃないかと俺は思うんですけどもね。でもめちゃめちゃ気持ちいいラップです。

DJ松永:たしかに昔からずっとこれだもんね。

R-指定:そう、ずっとこれなんですよ。

DJ松永:で、DEV LARGEさんに似ている人は誰もいないっていう、後にも先にも。

R-指定:そうなんですよね、だから多分めっちゃ影響を受けているのがm-floのVERBALさんとか。

DJ松永:ああ、BUDDHA BRANDに影響を受けている。

R-指定:だから気持ちいいなって。

DJ松永:すごいよ本当に気持ちいいよね。声も異常にかっこいいじゃん?

R-指定:めっちゃかっこいい。

DJ松永:俺はトラックメイカーとして本当に影響を受けているからさ。

R-指定:そうやな。やっぱりさ、ラップをするために生まれた声の人っておるんですよ日本のラッパーの中にも何人も。

で、DEV LARGEさんも確実にその中の1人という。

DJ松永:たしかに、たしかに。かっこいいですねー。

R-指定:で、この曲DEV LARGEさんは「PUNCH LINE BB」名義です。

DJ松永:名義が多いのよ。BUDDHA BRANDは(笑)

R-指定:名前多い!!!

関連記事

その他の紹介は まとめ記事よりご覧になれます

R-指定の日本語ラップ紹介 | まとめ

 

R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 1年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 2年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 3年目まとめ R-指定のリリックに隠された『ダブルミーニング』を徹底考察 R-指定のリリックに隠された「サンプリング」を徹底考察

Creepy Nuts カテゴリーに移動

 

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0は毎週火曜日の深夜3:00より生放送

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。