R指定、teppeiの『Patchwork』を紹介

2021年7月6日のCreepy Nutsのオールナイトニッポン0にてCreepy Nutsのお二人がteppeiの『Patchwork』について語りました。

 

R-指定:今日、紹介するのは一昨日のツアーでも一緒に回ってきました、梅田サイファーのメンバーからteppeiさんの曲を紹介したいと思います。

teppeiさんは松永さんと同い年 俺の1個上で、この番組でも曲を紹介しているテークエムやOSCAさん、tellaさん。あとはデザイナーのHATCHさんとteppeiさんの5人でJapidiotっていうグループを組んでまして。

Japidiotはみんな特徴的なラップをするんですけども中でもteppeiさんは結構50セントとかが好きで。

50セントが好きすぎて高校生の時に50セントの顔のタトゥーを入れようとして寸前で正気に戻って思いとどまったっていう。

DJ松永:あぶねえ(笑)

R-指定:そういうのもあって2000年代のUSラップのバウンス感のノリっていう。

DJ松永:メインストリームが一番華やかだった頃な。

R-指定:そうそう、ちょっとマッチョなラップ。

梅田では珍しくああいうマッチョやったり土臭かったりするラップのバウンス感 あのハネ感っていうのを言葉やったりフロウに持っているラッパーで。

別にteppeiさん自身は普通の好青年なんすけども、声とかラップのハメ方からすごいタンクトップが想像できるようなラップをする人で。

DJ松永:なるほどね。

R-指定:で、元々はそうやったんですけど、今回teppeiさんが出した『Arrhythmia』っていうアルバムがあって。

これは「不整脈」っていう意味なんですよ。

なんでこれ不整脈かっていうと、2年前に梅田サイファーでWWWでワンマンやった時、ライブの途中でteppeiさんが不整脈になったんですよ。

不整脈で倒れて、ホンマに生死の境目をさまよったぐらい危なかったんですよ。

DJ松永:そうだったんだ。

R-指定:それでなんとか体も戻って、ラップもできるぐらいになって戻ってきてっていう。

それを機にteppeiさんの中でたぶん人生観が変わったりとか、楽曲への向き合い方が変わったとかteppeiさんも言っていて。

そういうのもあってこの『Arrhythmia』っていうのはteppeiさんの人生がモロ出しのアルバムになっています。

1曲目から自分の生い立ちやったり、自分の家庭環境やったり いろんなところをグーッと掘り下げて。

teppeiというラッパーの魅力とか人間の部分が全部手に取るようにわかるアルバムになっていて。

それだけじゃなくて、Beatとかもteppeiさんは自分でやっていたりするんですけども。

すごくチャレンジングなBeatが多くて。

もちろん、ドープなヒップホップサウンドもあれば、がっつりトラップに寄ったのもあるし。

かと思えば、さっき言ったような2000年代のバウンシーな感じもあったりとか。

あとはハードコアパンクヒップホップみたいな シャウト系のとか。

そういうテイストも入っていたりしてマジですごいアルバムなんですよ。

DJ松永:へー!

R-指定:で、teppeiさんが何に病んでいて、その病んでいたところからどうやって抜け出そうとしていてとか。

不整脈で生死の境目をさまよってとか、家庭環境のところをさかのぼったりとか。

で、そのアルバムの最後の曲を今日は紹介したいんですけども。

人生いろんなことを経てきてteppeiさんは最後、この曲で自分の人生はいろんな周りの仲間、梅田サイファーの仲間やったり人生で出会ってきた人たちとの経験をつなぎあわせて今の自分がいるっていうことで。最後に『Patchwork』っていう曲を入れているんですよ。

その『Patchwork』っていう曲はいろんな人がいて、いろんなもの、嬉しいことや悲しいことの断片が積み重なっている。

それが自分だと。それを「パッチワーク」っていう言葉でまとめるっていうのもまず、めっちゃ素敵やし。

この『Patchwork』という曲は梅田サイファーの面々のいろんな曲のラインをそれこそパッチワークのようにして曲にしているわけです。

DJ松永:いいねえ!

R-指定:もちろん自分のフロウ自分の言葉もあるけども、随所に梅田サイファーのいろんな曲を聞いていたりとか、Creepyの曲を聴いていたりする人なら「このフレーズ!」みたいになるようになっているんですよ。

DJ松永:おおっ、嬉しいね!

R-指定:嬉しいんですよ、MVも今YouTubeに上がっているんですけども。

そのMVにもいろんな過去の俺たちの写真とか、いろんな場面とかが出ていて。

だからこの『Patchwork』という曲、リリックとかにもじっくりと耳を傾けてもらって。「これはあの歌詞!」みたいなのがあると思うので聴いてもらいましょう。

teppeiで『Patchwork』


R-指定:最後、我々の『未来予想図』のライン ”ライツカメラアクション スタンディングオベーション エンドロールが流れ終わった後 そこが人生” で締めてくれて嬉しい。

DJ松永:嬉しいねえ!

R-指定:それこそいろんなところ言い出したらキリがないんですけども、そこは皆さん梅田の音源も掘りつつ、これもチェックしてもらいたいです。

曲としてもシンプルにいいです。めちゃくちゃ最高なんで。

DJ松永:いいね。サビも普通に気持ちよくてかっこいいよ そこだけ注視してもいいね。

R-指定:曲としてもすごくいいし、ストーリーも込みで聴いてくれたらさらに良い。

アルバムもめちゃくちゃおすすめなので、ぜひ聴いてください。

teppeiで『Patchwork』でした。

 

関連記事

その他の紹介は まとめ記事よりご覧になれます

R-指定の日本語ラップ紹介 | まとめ

 

R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 1年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 2年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 3年目まとめ R-指定のリリックに隠された『ダブルミーニング』を徹底考察 R-指定のリリックに隠された「サンプリング」を徹底考察

Creepy Nuts カテゴリーに移動

 

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0は毎週火曜日の深夜3:00より生放送

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。