R-指定、AQUARIUSの「ココ東京」を紹介|DELIの声質、BIG-Oのライミングについて語る

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0」において、Creepy Nutsuのお二人がAQUARIUSの「ココ東京 feat.S-WORD,BIG-O,DABO」を紹介、ライミングの解説、メロディーセンスについて語りました。

以下、R-指定 → R  DJ松永 →

「ココ東京」曲の概要、DELI声質について

:番組唯一の良心、R-指定さんの日本語ラップ紹介のコーナー参ります。

R:はい。とりあえず松永さんが好きな曲をかけましょう!

AQUARIUSの「ココ東京」という曲を今日はかけます。

AQUARIUSというのは、NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのメンバーDELIさんとトラックメイカーのYAKKOさん2人が組んでるユニットです。

:いいね。

R:このAQUARIUSさんは名曲多いんですけど、その中でも客演で同じNITROのDABOさんS-WORDさん、そしてSHAKKAZOMBIEからBIG-Oさんを迎えた名曲「ココ東京」なんですけど。

:ココ東京〜♪ですねー

R:そう。DELIさんというラッパーの特性、今 千葉県松戸市の議員さんですからね。

:そうですね。

R:DELIさんというラッパーはとにかくハイトーンボイス。

声が細くて高いってわけじゃなくて、太くて高いんですよ。

この声の高さ、発生の仕方、誰も真似できないんですけど。

どっちかというと、デスボイスの方が近い声で発生してラップするんですよ。

:Live映えエグいよね。

R:Liveの破壊力エグい!

マキシマム ザ ホルモンの大輔さんとかをLiveで見た時の迫力

:あー!

R:DELIさんの発生はデスボイスに近いと思うですよね。

:確かに。

R:その発生で東京の大都会の無情さと、そこでサヴァイブしていくという心意気を歌った曲です。

といあえず聴いて下さい。あとで解説します。AQUARIUSで「ココ東京」

 

 

BIG-O 2文字のライミング

R:やっぱりいいですね。

:これ懐かしいなぁー。

R:S-WORDさん、サビ職人ですから。

:サビ職人ですね。

R:DELIさんのVerseで “クラッ クラッ クラッ” っていう所とか、かなりデスボイスっぽい声の出し方、

ホラックラッ!!(クラッ) クラッ(クラッ)
クラッ(クラッ) クラッちゃう

 

歌詞がね、まさに東京を現わしているような恐ろしい歌詞と、

ココ東京 ビルに埋まる今日
明日には忘れられちまいそうな恐怖

 

BIG-Oさんの歌詞も最高なんです。BIG-Oさん2文字ぐらいでずっと気持ちよく踏んでいくんですよ。

この病む 消えぬマジック 時は経ち 見失う価値
GOT MY MIND ON MY MONEY MONEY ON MY MIND
ビルの谷間に 舞う現ナマ

って超気持ちいんですよ。で、その後

シリアス 徐々に夢 リアリティを増す
BEATに乗り 追いかける明日
ヘッドフォンから AQUARIUS

とか超気持ちいんですけど。

:確かに気持ちいよねー。

R:2文字の韻だけでこれだけ気持ちいのは、むちゃくちゃラップが上手いって証拠ですよ。

こんな感じで最高の曲でした。AQUARIUSで「ココ東京」でした。

 

 

「韻」へのこだわり <番組アフタートーク>

:いやぁ「ココ東京」懐かしかったなぁ。

R:めっちゃいいでしょ!カラオケ行ったら絶対歌いますからね。

:マジで?誰歌うの?

R:BIG-Oさんの所が取り合いになる。2文字で気持ちいいラップはみんなやりたくなるから。

:でもさ、音読して思うね、マジ気持ちいね。

R:いやぁほんまに。

:この人いつも気持ちいよね。

R:いつも気持ちいい。

BIG-Oさんね、SHAKKAZOMBIEのMCなんですけど。

昔 Osumi(オオスミ)って名前でやってたんですけど、この人は1,2文字とかの韻で気持ちよくラップするんですよ。

マジでリズム感あって、声が気持ちよくないと出来ないですから。

DELIさんも声凄いじゃないですか。

:確かに。

R:DABOさん、S-WORDさん、「ココ東京」のメンツって声が楽器として全員素晴らしいメンバーなんです。

:うわぁー確かに。マジでゴールデンメンバーだね。

R:DABOさんがインタビューで言ってたんですど、

この時代、メンツ、NITROが出てきたあたりから、むちゃくちゃ韻にしばられなくてもラップ出来るぐらい皆んなフロウというものが武器になってきた「変わり目の時代」って言ってましたね。

:うーん。なるほどね。

R:その中でもDABOさんは韻というものを大事にしてたって言ってて。韻が固いんですけど。

確かにNITROのメンバーは、DABOさん以外はそこまで韻に拘ってるってスタイルじゃないっすもんね。

:それこそDELIさんとか割とそうだよね。

R:そう、DELIさんはメロディやったり、フロウ、言い方とか発音で持っていく時はありますから。

:確かに、発声とか言い方で踏んでるように聴こえさすとか。

R:うんうん。

:メロディを統一することによって、というか。

R:そうそうそう、そういうのありますからね。

そんな中でDABOさんが「韻」重視派みたいなところありますね。

NITROぐらいが変わり目だと、それがあったから後々SCARSとかも出てきたんじゃないかなぁ。

:そうだよね。確かに。

ガチガチにベタベタに踏むのがダサいみたいな時代もありましたからね。

R:あった。もしかしたら今の若い子らの間でもそうかもしれへんけど。

韻めちゃくちゃ頑張って踏むみたいなのは、ちょっと野暮ったく聴こえる、だから俺も曲の中であるんすよね。

無茶苦茶長い、固い韻を思いついても曲の空気壊すなってぐらい「韻」すぎて省く時ある。

:バトルライムっぽいのあるもんね。

R:そうそうそう。マニアックな話になるんですけど。

:同じ韻でも固有名詞とかでガンガン踏んじゃうと「バトルっぽいなぁー」みたいな。

R:それが曲にマッチする時だったら使うんですけどね。

「これ曲の韻じゃないな」って時はあるんですよ。

:正直、人の曲聴いててそういう時あるっちゃあるもんな。

R:それが持ち味に完璧になってる人は良いんですけどね。

:そこって難しいよね。

R:と言いつつも、「韻」は尚大事にしていきたいと思います。

 

<書き起こし終わり>

 

▼「ココ東京」収録

 

R-指定の日本語ラップ紹介 | NITRO MICROPHONE UNDERGROUND / NITRO MICROPHONE UNDERGROUND

 

 

関連記事

R-指定の日本語ラップ紹介 | まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 1年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 2年目まとめ R-指定のリリックに隠された『ダブルミーニング』を徹底考察

Creepy Nuts カテゴリーに移動

 

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0は毎週火曜日の深夜3:00より生放送

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。