R-指定、KREVAの『イッサイガッサイ』を紹介|名曲のライミング、メロディーについて語る

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0」において、Creepy Nutsuのお二人がKREVAの「イッサイガッサイ」を紹介、ライミングの解説、メロディーセンスについて語りました。

以下、R-指定 → R  DJ松永 →

 

「イッサイガッサイ」曲の概要

 

:番組唯一の良心、R-指定さんの日本語ラップ紹介のコーナー参ります。

R:はい、今日は分かりやすいというか、みなさんご存知のKREVAさんを紹介しようかなと。

:あぁー

R:KICK THE CAN CREWは1回かけましたけど、ソロとしてのKREVAさんは初めてですから。

夏・・夏休みの話したじゃないですか。夏に向かって、

:お!あれ?

R:みんながワクワクして、

:おや?

R:今年の夏どうしよかな?みたいな気持ちあるやん?

:ということは?

R:KREVAさんで『イッサイガッサイ』

:おぉーーーーーーい!!!

R:イッサイガッサイィィィィイイ!!!ですよ。

:イッサイガッサイィィィィイイ!!!

R:とりあえず聴いてもらいますか。

夏のワクワクした どうしようかなって気持ちと、一夏が終わっていくって気持ちを歌ってますから。

KREVAさんで『イッサイガッサイ』

 


 

 

「KREVA」ライミング解説、メロディセンスについて

 

:さいこう。

R:むちゃくちゃいいな。

:なんか輝いてるわ。

R:輝いてる。名曲ですよ。

:やっぱ名曲ってさ、輝いて見えるよね、なんだろ。

R:しかもちょうど俺らの青春時代の大ヒット曲ですから。

KREVAさんね、みなさん知ってると思いますけど、もう一回ラッパーとしての特性を見て欲しいのが。

KREVAさんはやっぱりMCバトルから上がってきたというか、B-BOY PARK のMCバトル3連覇してますから、ラッパーとしての技術はすこぶる高いと。

特にKREVAさんの高い技術ってのはライミング、韻を踏むこと。あとメロディセンス。

:そうだよねぇ。

R:トラック自分で作りますからね。

全部自分で出来ますから、超人ですよね。

:全部自分で作って一番売れたソロMCだよ。

R:そうですよ。

:無敵

R:無敵、めちゃめちゃ背でかい。慶應大学出身

:うわ頭いい。かっこいい

R:無敵

:最強

R:KREVAさんね、イッサイガッサイの1Verse目なんか顕著なんですけど、これだけポップなフィールドで売れた人なのに、ハードの代表と言ってもいいZEEBRAさんのラップの構造と実は似てるというか。

「Original Rhyme Animal」って曲でZEEBRAさんが小節のケツだけじゃなくて「返し韻」もっかい次の小節の頭でさっき踏んだ韻を持ってくるっていうのを説明したじゃないですか。

:うんうん。

R:この「イッサイガッサイ」は返し韻だらけなんですよ。

:あ、そうなの?

リゾート気分味わってるはずの
理想の自分とは程遠い
でも昨日、今日、おととい、明日、明後日も
日付変わっても 夏が待ってる
暑さだって快感に変換

R:これは”リゾート気分”と”理想の自分”で踏んでいて。

程遠い“と”おととい“でも踏んでいて、そして”明後日も“と”夏が待ってる“で踏んで、すぐに”暑さだって“が小節の頭に組み込んでくるんすよ。

:おぉー。

暑さだって快感に変換 パン一 ないし大胆に全裸
毎晩見ていた

R:”快感に変換” “大胆に全裸“ときて”毎晩見ていた

:おぉー!また頭にくるんだ。

R:それだらけで完成されてる1Verseなんですよね。

それをポップでキャッチーな内容の「夏を待ってる」という日常に超絶を韻を踏むテクニックを落とし込むと。

:なるほどね。

R:それでサビで気持ちいメロディがありながらも”ソワソワしてる” “焦してる“とか”何がオレらを惑わしてる“とか。

で、”イッサイガッサイのみこんで Ahh“ってキャッチーなフレーズ。

そりゃ売れるで。

:売れるで。すごいわ。

R:すごいですよ。お送りしました、KREVAさんで「イッサイガッサイ」でした。

 

 

「KREVA」ラップ手法について

 

:いやぁKREVAさんね。

R:すごいですね。

:改めて聞いたけど、あれ売れるわ。

R:あれ売れるよ。「音色」とかもそうやけど、KREVAさんのサビってねラッパーが作るサビとしてすごい秀逸というか、ラッパーが作るメロディーとして秀逸。

口ずさみ易いし、そこまで歌い上げる系じゃないからカラオケでも歌いやすいし。

:確かに「音色」とかも歌だけど、非常にラップ寄りだよね。

R:そう。ラップとして捉える事も可能、歌として捉えることも可能やから、歌えるラップなんですよね。

それを作るっていうのがすごい技術が必要なんですけどね。

だから一時期、KREVAさんみたいにハッキリ聞き取れるように日本語発音しながらキャッチーにラップするっていう手法を色んなラッパーがやったけど、全員KREVAさんみたいに聞こえるっているぐらいやったから。

:そうそう、そうなっちゃうんだよね。先に正解を叩き出しちゃったから。

R:そう。譜割とかいじらずちゃんと「あ・い・う・え・お」を一拍づつ乗せた状態でラップするとKREVAさんになっちゃうというね。

:不思議だよね。正直さ数年前さ全員KREVAさんになった時期あるもんね。

R:あったねー。

:正直あったんですよ。

R:そんぐらKREVAさん影響力でかいですから。

:しかもラップも間あけるし、トラックも間あけるから、とてつもなく勇気がないとできない作りをするよね。

R:そうやなぁ。それをフルで自信もって出来るのが凄いですよね。そのクオリティも高いものやし。

普通の人やったら判断として、ちょっと小難しくしてしまうとか、もうちょい入り組んだものにしてしまう所をよりシンプルでいい状態で素材のまま出せるのも凄いし。

むちゃくちゃ作り込まれてる上でなんですけどね。歌詞とかも。

:それが一番荒が出やすい作り方なんですよね。

R:ほんまにそう。ほんまにセンスがないと、いい曲にならない作り方。だから凄いですよね。

:そのやり方で一曲作り上げてヒットさせるというのは、凄い人だなぁと感じますよね。

R:ほんまにカラオケとかでも何度歌ったからKREVAさん。

:本当だよね、イッサイガッサイのPVとかカラオケで死ぬほど見たもんね。

R:見たよな「関めぐみ」めっちゃ綺麗やな。

R、松:女教師と生徒のな!

R:恋の話ですからね。

:いいですよねー。

R:いいですね。

 

<書き起こし終わり>

 

▼「イッサイガッサイ」収録

KREVA BEST ALBUM「KⅩ」    

 

▼「イッサイガッサイ」バンドVer収録

成長の記録 ~全曲バンドで録り直し~ 」    

 

 

 

関連記事

R-指定、聖なる夜にKICK THE CAN CREWの『クリスマス・イブRap』を紹介|3MCの特徴を語る R-指定の日本語ラップ紹介 | まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 1年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 2年目まとめ R-指定のリリックに隠された『ダブルミーニング』を徹底考察

Creepy Nuts カテゴリーに移動

 

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0は毎週火曜日の深夜3:00より生放送

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。