R-指定、LITTLEの『KARMA feat. BIG RON』を紹介|日本でラップをすることのカルマを描いた楽曲

「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0」にて、Creepy Nutsのお二人がLITTLE『KARMA feat. BIG RON』について語りました。

 

DJ松永:Rさんの日本語ラップ紹介まいります。

R-指定:今日紹介したいのはですね、KICK THE CAN CREW のLITTLEさんです。

LITTLEさんのソロ曲を紹介したいです。

DJ松永:おっ!

R-指定:LITTLEさんは言わずと知れたKICKのメンバーで、大中小の中での小で、声が高いという特徴で。

LITTLEさんは何が凄いってめちゃくちゃライマーなんすよね。

DJ松永:あぁー本当そうだね。

R-指定:こないだ会った時に自分のことを「俺はラッパーというよりライマー」やと。

ラップしなくなっても韻はずっと踏み続けてるって言うぐらい超韻の使い手なんですよ、日本でも有数の。

そして、めちゃめちゃリリシストです、凄い良いリリックを書きます。

まずはそれを聴いて貰おうかと思うので、LITTLEさんで『KARMA feat. BIG RON』

これは日本でHIPHOPをすることについて歌ってます。

超良い歌詞なんで聴いて下さい。


R-指定:それこそ俺らが抱えてるようなカルマですよ。

日本人でラップするという事に対して普通の奴がやっていいのか?ってめっちゃ上手い言い回しで言ってくれてる。

すげー、Richでも、すげー、Poorでもない
すげー、Goodでも、すげー、Badでもない
すげー、普通 すげー、苦痛
かるか?KarmaCulture、何があるか
何もないのはすごください
から自慢できる不幸下さい

DJ松永:うーん。

R-指定:LITTLEさんがこれを言うってのはKICKとバァーンといって、日本人の普通の人間としてラップをしてきたからこそ、これが出てくるというか。

そんなオモチャ取り合う ようモラトリアム
ソコじゃなくココにある CoreとReal

R-指定:めっちゃ踏んでるしな。

DJ松永:うーん。

R-指定:2Verse目ね

ゲットーなんか(ない?)(ある?)
劣等感が(ある?)(ない?)
結構なんじゃない?なくて ねぇ、どう考える
むしろめでたいのに後ろめたい
打ちのめされる前に突き止めたい

R-指定:ここら辺超上手いなぁー。

DJ松永:うまっ。

大人が昔を懐かしがる
子供が豊かを恥ずかしがる
心がます ます 貧しくなる
ぬるま湯くるまる日々にまずSignal

R-指定:これねぇ、子音でも踏むし、意味合い的にも。

で、最後の締めが素晴らしいんですけど

おれは何も知らないから
誇りに思うDear my Mother & Father
ボケるほどの平和をありがとう
全部しょいこんで嵐へ旅立とう

DJ松永:あー!メモメモ。

R-指定:LITTLEさんは稀に見る完璧なバースってのがいくつもあるんで、それをまた今度ご紹介したいなあと思います。

DJ松永:結局この現状にありがとうってのは確かにそうだもんな。

R-指定:そうなんすよね。

DJ松永:そこに触れてるのが凄いな。

R-指定:これをちゃんと言えるってのがね。

DJ松永:本当だね。

 

“Yes”rhyme-dentity」 収録 

関連記事

その他の紹介は まとめ記事よりご覧になれます

R-指定の日本語ラップ紹介 | まとめ

 

R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 1年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 2年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 3年目まとめ R-指定のリリックに隠された『ダブルミーニング』を徹底考察 R-指定のリリックに隠された「サンプリング」を徹底考察

Creepy Nuts カテゴリーに移動

 

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0は毎週火曜日の深夜3:00より生放送

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。