R-指定、nobodyknows+の『ココロオドル』を紹介|nobodyknows+が売れる理由を語る

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0」において、Creepy Nutsのお二人がnobodyknows+『ココロオドル』を紹介しました。

以下、R-指定 → R  DJ松永 →

 

nobodyknows+ が売れる理由

 

:ここで、番組唯一の良心。Rさんの日本語ラップ紹介のコーナーに参ります。

R:はい、今週紹介したいのはですね、nobodyknows+の『ココロオドル』です。

:ふぅ〜!!これ紹介する必要あるのかってぐらいの、、

R:ぐらい!みんな知ってるでしょ?

でも、紹介したいのはこんな売れてる、だって紅白でこの曲歌ったんだよ。

:素晴らしいよ!紅白歌手ですよ。

R:紅白で歌ったみんなが知ってる曲をしっかりHIPHOPの曲として聞いてほしい。

:なるほど。

R:これね、メジャーいってるラッパーや売れてるラッパーは割とスルーされがちなんすけど、全員死ぬほどラップ上手いんです。

これ大前提として!

だからアンダーグラウンドのラッパーだけが偉いんじゃなくて、めちゃくちゃ売れてる人らも当然ラップ上手いから売れたんよ。

:本当だよね。上手いから聞き心地も良くて、一般の人にも耳が馴染むって事ですよね。

R:上手いからキャッチーなラップ作れるんですよ。

:そうですよ。下手は出来ないですよ。

R:nobodyknows+っていうのはMCが5人いるんですけど、5MC全員が全然違った特徴を持ってて。

:声色が全然違うよね。

R:全員違くて、全員上手い!

で、オレは『ココロオドル』を5人の声を使い分けて歌うってのを中学生の時にやってたから、『みんなちがって、みんないい』って曲ができたんです。

いろんな声色でラップをすることで、この人のクセはこうや!みたいな感じで分かったんですよね。

 


 

 

5MCそれぞれの特徴

 

R:例えばですね g-tonさんっていう、この曲の1verse 始めを蹴る人で

“のってきな的な言葉が出てきた”

っていうみんなが知ってるフレーズね。

この人はガッツリ韻をケツで踏むって感じじゃなくて、語感の人なんすよ。

だから、韻を踏みきらずに似たような言葉を並べることによってグルーヴを出すんすよね。

“のってきな 的な言葉が出てきた
ここ踊るところだから”

この似た言葉の2文字,3文字ぐらいをずーと細かく繋いでるんすよ。

2verse目でも

“その長と短 そこがどうかなる
所々 ココロゴト 転がしあう”

ってめちゃくちゃ気持ちいいんすよね。

で、ヤス一番?って人

この人はねメロディーついた感じで長い韻を踏んでいくんすよね。

“やっぱりな Hurry up 俺は急いで歯を磨く
手間は取らせん さぁ見な

節回しを分かりやすく付けて長い韻を踏むと。

 

で、crystal boyさんって一番低音の人は、不思議な所で韻を踏むんすよ。

生真面目 恥ずかしがりでもできる イマジネーション”

今の所は、「きまじめ」と「イマジネ」で踏んでるんすけど、ケツでは踏まないっていう。頭韻のスタイル。

こんだけね個性があるグループで全員がラップ上手い。

全員の韻の踏み方、言葉の使い方とかを注目して、もっかい『ココロオドル』をラッパーの目線で聞いて欲しいなと思います。

<書き起こしおわり>

 

「ココロオドル」収録   

 

関連記事

その他の紹介は まとめ記事よりご覧になれます

R-指定の日本語ラップ紹介 | まとめ

 

R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 1年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 2年目まとめ R-指定のリリックに隠された『ダブルミーニング』を徹底考察 R-指定のリリックに隠された「サンプリング」を徹底考察

Creepy Nuts カテゴリーに移動

 

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0は毎週火曜日の深夜3:00より生放送

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。