R-指定、OSCAの『Stigma feat. ID』を紹介|多彩なラッパーOSCAを語る

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0」において、Creepy Nutsのお二人がOSCA『Stigma feat. ID』を紹介しました。

 

IDとどう戦うのか?

 

DJ松永:Rさんの日本語ラップ紹介のコーナー参ります。

R-指定:今日紹介したいのは、これまた梅田サイファーのメンツなんですけどもOSCA(オスカ)というラッパーでございます。

DJ松永:あー、コマツヨシヒロですか?

R-指定:そう、あのねこの人、説明すると難しいんですけども。

名前がたくさんあるラッパーなんですよ。

俺らと会った時には「ストラグル」という名前でした。

そしてちょっと経ったら「コマツヨシヒロ」という本名になりました。

それで「クダン」という名前になって「韻ガスンガスン」という名前になって、いろいろあって今はOSCAという名前です。

DJ松永:ちょっとね、リセット癖があるんだよね(笑)

R-指定:今はOSCAという名前なんですけども。

OSCAさん、僕らの1個上、松永さんと同い年ですよ。

もうずっと梅田サイファーとしても活動して、ある時期に上京したわけですよ。

それで東京で色んな、普段梅田サイファーとかCreepy Nutsとかが絡まんような人たちといっぱいつるんで音楽を作ったりしてきて。

だから俺らとはまた別筋の進化を遂げたと言っても過言ではないんですけども。

DJ松永:確かに。

R-指定:このOSCAさんが1stアルバム『Maserati』を出しまして。

ラッパーの1stアルバムっていうのは、ほんまにその人の人生とかいろんな遍歴が詰るんですけども。

まさにこのOSCAの『Maserati』がそういうアルバムで。

器用な人なんですよ、やっぱりいろんな名前変えるだけあって、いろんなスタイルのラップが出来ると。

DJ松永:うんうんうん。

R-指定:で、このアルバムもコマツさんの、あっ!OSCAさんのいろんな部分が出てるんですよ。

DJ松永:馴染んでないな。

R-指定:馴染んでない(笑)

OSCAのリリシストの部分とかラップが上手い部分とか歌える部分とか全部を出しているわけですよ。

それが1stアルバム然としていてすごい。

で、客演のメンツも俺らが連れて来られへんような、梅田のやつがあんまりつるんでないような東京の若手たちと一緒に曲を作っているんですよね。

その中で紹介したいのがOSCAの『Stigma』という曲で、これfeaturingがIDなんですよ。

DJ松永:あらま!

R-指定:このIDはフリースタイルダンジョンで三代目モンスターをしているIDですよね。

DJ松永:IDってさぁ、アホみたいにラップ上手くない?

R-指定:あいつアホみたいにラップ上手い!!!

DJ松永:あの人なぁに???まだ若いよね?

R-指定:若い!25、6とかでめっちゃラップが上手い。

DJ松永:こえー!

R-指定:そのIDがfeaturingって書いてて、OSCAさんもめちゃめちゃラップ上手いけど、どう戦うのか?

まあ客演っていうのはいわば戦いなわけですよ。

DJ松永:まぁそうだね!

R-指定:自分の曲にゲストを招き入れて、そいつに負けないように戦う。

で、OSCAさんは色んなラップができる。

だからリリシストやからリリックを聞かせるタイプのラップをしてもいいわけですよ。

OSCAはゆっくりとLowボイスで語りかけるようなリリックとか、関西弁を上手く使ったラップとかが得意やから。

その自分の得意分野でIDと勝負してもいいわけですよ。

でも俺、この曲を聞いて「すげえ!」って思ったのがOSCAはIDの土俵で勝負している曲なんですわ。

DJ松永:あーなるほど!

R-指定:どういうことかと言うと、最近の流行りのラップのスタイルというか。

最近の海外でもよく使われている手法のラップをOSCAがやっていて、それを見事に乗りこなしているわけですよ。

オートチューンをかけてメロディーを聞かせるラップ。

で、譜割りとかも今っぽく揺らしてみたり、三連をやってみたりというラップなんですけども。

俺は一聴した時にOSCAさんにそういう面があるってのは、このアルバムを聞くまで分からんかったから。

昔の語りかけるような関西弁のラップっていうイメージやったから。

この曲を聞いた時に「えっ!そんなんできるんや!」っていう。

だからめちゃめちゃ進化してるねん。

DJ松永:うんうんうん。

R-指定:その気持ちいいメロディーとオートチューンを使いこなしたOSCAさんと、そこにしっかりキレキレでカマしてくるIDと。

2人ともホンマに超気持ちいいラップをしてくれるんです。

で、この『Stigma』っていうのが「烙印、汚名、偏見」という意味があるんですけども。

お互いが自分の人生の中でそういう風に感じていることに対して歌っているんですけども。

一旦ね歌詞もね、ちゃんと2人の気持ちが出ているんですけども。

その音の、ラップの2人の気持ちよさというところに注目して聞いてほしいんですよ。

まずは聴いてもらいましょう。この2人の激ウマのラップの共演でございます。OSCA『Stigma feat. ID』です。

 


 

 

R-指定:めっちゃいい曲やん

DJ松永:いいですねー。

コマツにこんな引き出しがあったなんて。

R-指定:このアルバム、コマツさ、、OSCAのいろんな引き出しが見れるんで。

ホンマに元カノに歌った歌とかもあるし。

DJ松永:あら元カノ。

R-指定:これがまたね、名曲なんですよ。『なぁなぁ』っていうね、関西弁でしみったれた。

これ褒め言葉ですけども、しみったれた元カノへのメッセージソングも超いいですから。

DJ松永:くぅー!!!

R-指定:ぜひOSCAの『Maserati』聴いてください!

DJ松永:前向けコマツ!!!

R-指定、DJ松永:ふははは(笑)

 


 

Maserati」収録 Link

 

 

関連記事

その他の紹介は まとめ記事よりご覧になれます

R-指定の日本語ラップ紹介 | まとめ

 

R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 1年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 2年目まとめ R-指定のリリックに隠された『ダブルミーニング』を徹底考察 R-指定のリリックに隠された「サンプリング」を徹底考察

Creepy Nuts カテゴリーに移動

 

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0は毎週火曜日の深夜3:00より生放送

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。