R-指定の日本語ラップ紹介 | 蜂と蝶 / SOUL SCREAM

:R指定さんの日本語ラップ紹介のコーナー参ります。

R:はい。今週紹介したいのはね、SOUL SCREAMというグループを紹介したいと思います。

松:きましたねー。

R:SOUL SCREAMはですね、前々から紹介している、日本語ラップの第一世代“さんぴん世代”っていうのがありまして、キングギドラとかRHYMESTER(ライムスター)とかBUDDHA BRAND(ブッダ・ブランド)とかそのさんぴん世代の中の一角です。

松:レジェンドですよ。

R:メンバーはDJ CELORY(セロリ)さん、トラックメイカーとDJです。そしてHAB I SCREAM (ハヴ・アイ・スクリーム)さんとE.G.G.MAN (イジジマン)さんはラッパーです。

これが現メンバーなんですけど、元々、ALG(アレルギー)さんとSHIKI(シキ)さんがいて、パワー・ライス・クルーっていう名義で活動していました。

そこから3人体制のSOUL SCREAMになった時の曲を紹介したいと思います。

松:ちなみにセロリさんはZEEBRAさんのバックDJをされていますからね。

フリースタイルダンジョンでもバトルビートを流していますね。

R:そして数多くの日本語ラップのクラシックのトラックを作ってきました。

んで、このSOUL SCREAMがどういうグループかというと、セロリさんのかなり特徴的なビート、上ネタのメロディが口ずさめるほどキャッチーなビート。

松:そうそうそう。ソウスクはそうなんすよねー。

ネタ選びがすごいキャッチーなんすよね。ワンループが多いんだけど、ネタ選びが秀逸だからみんなが口ずさんじゃうんだよね。

あんだけキャッチーなメロディをワンループされたら覚えちゃう。
イントロかかった瞬間にあれだって分かる。

R:そうやねんな。この凄みはトラックを作る松永さんがより分かるというか。

松:そこにおいてはセンスだからね完全に。

R:ほんまに。そのセロリさんのビートにHAB I SCREAMさんっていう、ちょっと鼻声やけど、しゃがれてる声で、形容し難いぐらい特徴的な声なんですよ。

松:誰にも似てないのよ。

R:被りがない。そのHAB I SCREAMさんのラップと、ちょっと鼻声っぽいんやけど、もっと鋭角な尖った声で畳みかけるラップをするE.G.G.MANさん。

この2人の声のコントラストとラップのフローのコントラストが凄い対照的。

松:2人とも誰にも似てないんだよね。すごいよね。

R:単体のラッパーとして見てもHAB I SCREAMさんとE.G.G.MANさんは変わったラッパーというか。

松:個性が際立ってるよね。

R:その2人がこのビートの上でお互いマイクパスしあうことによって生まれてくるグルーヴ感だったり、リリックのトピック選びの面白さだったりとか。

今日紹介したいのは、その2人のスタイルが顕著に際立ってる 僕も大好きな『蜂と蝶』という曲を紹介します。

松:大クラシックですよ。

R:未だにMCバトルのビートとかに使われたりするビートで、僕も結構このビート上でバトルさせてもらいましたけど、すごい好きな曲ですね。

松:RさんがUMBで3回目優勝した時にウィニングランラップを『蜂と蝶』でやって。

あれからすごいバトルビートでかかるようになったんだよね。

R:確かに、そっから結構いろんな所で聞くようになった。

松:前からかかってたけど、よりバトルビートの定番になったよね。

R:そう。

では、聞いてもらいましょう。2人の対照的なスタイルと、セロリさんのビートを注目して聞いて頂こうと思います。

SOUL SCREAMで『蜂と蝶』


R:最高ですね。

松:かこいいですね。

R:これね、2人のMCの対比としてサビで言ってるように

蝶のように舞い ゆらりゆら

って言ってるのがHAB I SCREAMさん

蜂のように刺す ブンブンバァ

って言ってるのがE.G.G.MANさんなんですけど。

これ歌いだしの所で2人のフローがちゃんと蜂の飛び方と蝶の飛び方になってるんですよ。

たとえば、

森羅万象 陰と陽 蜂と蝶のよう
対極なす対象たるタイトルを催す

っていう畳みかける、タンタンタカッタンタンという蜂の刺しては離れ、刺しては離れみたいな動きをリズムで描写してるんですよね。

方や蜂 方や蝶の波長の波動法
くり出し突き差し出すフロー

蜂の鋭角の攻めてくる、いったりきたりするフローです。

次が、HAB I SCREAMの

光 きらり きらびやかな物語り 導く道標 道のり
右左 左右 ゆらりゆら ゆらり なめらかに流れるフロー

っていう蝶がフワーって揺れながら動いてるみたいなフロー。

こう歌い方で蜂の刺し方、蝶の舞い方を表現している。

松:なるほどねー。ここ気付かなかったわ。すごい!

R:まぁそんだけテクニカルな素晴らしい曲でした。

SOUL SCREAMで『蜂と蝶』でした。


関連記事

R-指定の日本語ラップ紹介 | まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 1年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 2年目まとめ

 

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0は毎週火曜日の深夜3:00より生放送

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。