R-指定、TARO SOUL & KEN THE 390『GRAND CLOSING』を紹介|黄金コンビ “タロケン”を語る

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0」において、Creepy Nutsのお二人がTARO SOUL & KEN THE 390『GRAND CLOSING』を紹介しました。

以下、R-指定 → R  DJ松永 →

 

黄金コンビ TARO SOUL & KEN THE 390

 

:R指定さんの日本語ラップ紹介のコーナー参ります。

R:今日紹介したいのはですね、TARO SOUL & KEN THE 390 という伝説のユニットです。

:伝説中の伝説きましたね。

R:本来、もっと早く紹介しとくべきでした。

KEN THE 390さんフリースタイルダンジョンの審査員としても皆さん知ってると思います。

爽やかでイケメンな最近結婚を発表した..

:おめでとうござあいまあす!!

R:おめでとうございます。ケンさん。

:ずいぶん年下ですねでぇ。

R:オレと同い年だからね。

:ふぅー。

R:イケイケですよケンさん。

散々このオールナイトニッポンZEROでもみなさんはカレーが何とか..言いましたけど。

ケンさんをちゃんとラッパーとして紹介しとかなあかんと、皆んなね平気でメールでいじってるけどケンさんいじっちゃアカンからな。

めちゃくちゃ凄いラッパーですから。

:ケンさんはガチ。

曲聴いてもそうだけど、一回ライブ見て下さい、あの人はガチ。

R:マジでラップ上手いから。

で、今日紹介したいのは、そのKEN THE 390さんの盟友。

ずっと昔からラップをしてきた仲間のTARO SOULさんってこれまた天才ラッパー。

:いやー。これ凄いんだよなぁ この2人のコンビは。

R:このKEN THE 390さんとTARO SOULさんは大学のサークルで出会ってます。

その大学のサークルっていうのがブラックミュージック研究サークル。

で、その大学が何を隠そう早稲田大学なんですよ。

その早稲田大学のサークルが「GALAXY」っていうんですけど、このサークルはRHYMESTERの御三方も卒業しているサークルなんですよね。

RHYMESTERの3人が歴代部長を務めました。

その後輩の後輩の後輩として、KEN THE 390さんとTARO SOULさんもGALAXYにいたと。

そこで結成して、TARO SOUL & KEN THE 390 がDa.Me.Recordsっていうレーベルからアルバムを出してたんですけど。

まぁ黄金コンビなんですよこの2人。

:マジ黄金。

R:まず、KEN THE 390 さんは、今でこそ爽やかな見た目でラップするっていうのは当たり前ですけど、当時のHIPHOPの世界はゴリゴリいかつい不良か、ムチャクチャ奇抜な人しかいなかったんですけど。

そんな中でケンさんはデビュー当時から普通の兄ちゃんの格好で普通に上手いラップをするという。

:しかも、あの時代にあのスタイルを貫くってだいぶ肝座ってないと出来ないよね。

R:出来ない。ムチャクチャ不良の人とバトルして、胸ぐら掴まれるながらも引かずにラップしてましたから。

:あの時代って、今でのMCバトルと違うんだよね。

今はスポーツ化してるから、不良のラッパーに不良じゃないラップーにガンガンいってるのは当たり前の光景として成り立ってるけど。

当時って本当に地下格闘技的なとこがあったから、本当にやられちゃうような世界で、ケンさんは1人爽やかな格好で立ち向かって引かないっていうのはマジで凄いことだったんだよね。

R:ケンさんはぶっといですよ。

:マジで芯が太い。あの人は本物なんだよね。

R:だから、ゆうたら普通の兄ちゃんがラップするって道を作ったのはケンさんと言っても過言ではないんですよ。

そのKEN THE 390さんとコンビを組んでるTARO SOULさんは見た目は凄いインパクトがあって。

ラップがとにかく普通にラップしても超上手い。そして歌もめっちゃ上手いんすよ。

歌とラップの中間のような、すごいスタイルを持ってるんすよ。

シンプルに超上手いラップをするKEN THE 390さんと、ものすごいクセのある しかも歌えるという技術を持っているTARO SOULさん。

この2人の組み合わせがいかに最高やったかっていうのをね。

:TARO SOULさんのアーティストとしての地肩のパンパン具合はえげつないよ!

R:TARO SOULさんもライブ絶対見てほしい。

TARO SOULさんとDJ IZOHさんの SUPER SONICS っていうグループもほんまに凄いですから。

とにかく聞いてもらいましょうか。

歌うようにラップしているのがTARO SOULさんで、早口でたたみかけてるのがKEN THE 390さん。

そういう感じで聴いて下さい。

『GRAND CLOSING / TARO SOUL & KEN THE 390』


 

 

上手すぎて怖いよ

 

R:いやー。すげぇわ。

:すーごい。途中怖くなるもんね。

R:途中のね、TAROさんのね

ここからまだまだ上げてく Vibes
巻き起こしたるわタロケンタイフーン

あっこね。ただ早口でメロディ付いてるだけじゃなくて、ハモってますからね。自分の声で。

Microphone check 1.2

って最後、裏声でハモってますからね。

:上手すぎて怖いよ。

R:ここはね、ほんま凄い。

:あとビートがね。

R:冒頭でね、「Mr.DRUNK」って言ってるのは、RHYMESTER の Mummy-D さんですから。

トラックメイカーの「Mr.DRUNK」名義でMummy-D さんがこのトラックを作ってます。

:あの時代にこのビートはだいぶ新鮮だよね。

R:それでこれだけ早口でラップするってのもね。

TAROさんが凄いフローして、ケンさんが全部早口なのに聞き取れるという。

:すごいですよ。

R:すごい曲ですよね。TARO SOUL & KEN THE 390『GRAND CLOSING』でした。

 

<書き起こしおわり>

 

FLYING SOUND TRACK」収録   

 

 

関連記事

その他の紹介は まとめ記事よりご覧になれます

R-指定の日本語ラップ紹介 | まとめ

 

R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 1年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 2年目まとめ R-指定のリリックに隠された『ダブルミーニング』を徹底考察 R-指定のリリックに隠された「サンプリング」を徹底考察

Creepy Nuts カテゴリーに移動

 

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0は毎週火曜日の深夜3:00より生放送

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。