ZEEBRA&MUMMY-D、岡村靖幸さらにライムスターの『マクガフィン』について語る

WREP 第三研究室」において、ZEEBRA&MUMMY-Dさんが岡村靖幸さらにライムスター『マクガフィン』ついて語りました。

以下、ZEEBRA → Z  MUMMY-D → M 

 

 

Z:Mummy-D教授が在籍するチームRHYMESTERが新曲を出すんですよみなさん!

M:いぇーいぃーー!!

Z:なんと!

M:なんと!

Z:なんと!なんと!すごいコラボしてらっしゃる!

M:そうそう!まあとりあえず曲を聴いてもらって。

Z:そういうことですか。では曲紹介よろしくお願いします!

M:岡村靖幸さらにライムスターで『マクガフィン』

 


 

 

「マミー」さん

 

Z:ということでね、早速研究してみたいなと思うんですけど。

ご本人から解説的なやつ聴きたいなと。

まず岡村靖幸さんとはどこで知り合ったんですか?

M:岡村ちゃんはね、ウタさんと別ルートで知り合ってるんだけど、ディジュリドゥ奏者のごまちゃんって人の家の飲み会で会ったの。

Z:ふははは(笑)

ゆるっ(笑)

M:ウタさんは番組かなんかで会ったのかな。

Z:はいはいはい。

M:まあそういう感じで別々に会ったね。

Z:岡村ちゃんって言うよね?岡村さんのこと。

M:岡村ちゃんさんなんですよね。サンプラザ中野くんさんみたいな。

Z:そういうことね(笑)

俺の事をねパイセンなんかは、たまにジブちゃんって言う人いるんですよ。

でさ、俺たまに思うんだけどさ、俺とは普通に「D」って呼ぶじゃない。

M:はい。

Z:たまにさ「マミー」って呼ぶ人いるじゃん(笑)

M:います(笑)

Z:しげる君とかそうじゃない?

M:そうですね。

Z:あれはなんですか?(笑)

M:あれ僕も聞きたいんですけど、普通に考えて「マミー」って呼ばれても「Mummy-D」だからしょうがないですよ(笑)

Z:しょうがないですけど、「ママ」みたいじゃない(笑)

M:まあそれはね、自分で命名したんだから自分が悪いっていう。

Z:まあそれもそうですね(笑)

 

「マクガフィン」とは

 

Z:「マクガフィン」って何ですか?

M:「マクガフィン」っていうのはですね映画用語らしくて。

Z:ほう!

M:まず元々この曲のオケがあってね、コラボしようかってなった時にこれを選んだんだけど。

それがもうド変態フューチャーファンクで、すごいでしょエディット感とか。

Z:これは誰が岡村さん?

M:岡村ちゃんなのよー。

Z:そーなんだ。

M:あの人は変質的エディット魔で。

永遠にブラッシュアップし続けちゃうみたいな人なの。

Z:ふんふんふん。

M:だから「もういいんじゃないですか」って俺ら止めたぐらいで。

そのトラックに何を乗せるか話し合ってる時にウタさんが出したアイディアでね、映画用語でマクガフィンっていうのがあると。

マクガフィンっていうのは、スパイ映画とかで大事な設計図とかを取り合ったりして、話が進んでいくとか。

例えばスターウォーズのデススターの設計図を取り合うみたいなところあるでしょう。

Z:はいはいはい。

M:要するに大事な物なんだけど、他に置き換えてが可能な物で、最初に語っちゃえばそれが何であるかは関係がないみたいな。

そういう大事な物みたいな事を「マクガフィン」って言うんだって。

Z:それすっごい狭い所の話だね(笑)

しかも映画の中だけでしょ?それ。

M:そうそうそう。

でも映画の中ではよく出てくる設定なんでね。

大事な物を奪い合うっていう。

でもそれは実態は実は無いという意味で、それを女性に置き換えて、みんな目の色変えて追っかけてるけど、本当にそれが大事な物かどうかは誰も分かってないみたいな。

Z:はいはいはい。

M:そういう事が歌えたらかっこいいかなあと思って、おじさん3人で歌いましたよ(笑)

Z:そうなんですね(笑)

おじさんは長年かけて追っかけてますからね。

正しかったかどうなのかっていうのは人生の問いみたいになってきますよね。

M:HIPHOPですか?(笑)

急にそれ話しますか?(笑)

Z:すみません、すみません(笑)

 

 

岡村靖幸のセンス

 

やっぱね、気になるとこあるんですよ。

M:聞いてみたい。

Z:やっぱりスキルの更新っていうのがあるわけですよ。

家賃は2年に1回ぐらい更新になりますけど。

M:うん。

Z:スキルのアップデートの話は我々ちょいちょいするじゃないですか。

M:うん。

Z:これはもう、だいぶやってますよね?

M:これはそうとう更新しました。

実はですね、これが出る前にまだ作ってる曲他にあって、そこで徐々に更新されてきてるんですけど。

これだけ先に出ちゃったんで(笑)

Z:いきなり更新度が高いんだ!

M:そうそうそう。到達度が一番高いやつが。

俺のねバースの中にね30年分入ってる。

Z:あー!そういうことね。

M:岡村ちゃんと曲やって、トラックが本当にやばかったから。

Z:トラックね始め聴いてて思ったのが、サンプリングのチョップみたいなパーツあるじゃない。

M:うん。

Z:あれとかDがやったのかなって思っちゃった。

M:違うんです、そういうセンスを持っているんです元から。

Z:そういうことですか。

M:JINがスクラッチしてる所もあるんだけど、基本的に岡村靖幸さんは、ブラックミュージックの人で『Prince』とかにもすごい影響を受けてるし。

Z:はいはい。

M:色んなHIPHOP、最近のも聞いてるからそういうセンスが元からある人。

Z:うーん、そういうことか。素晴らしいですね。

 

<書き起こしおわり>

 

 

関連記事

 

「第三研究室」書き起こし記事まとめ R-指定の日本語ラップ紹介 | まとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。