ZEEBRA&MUMMY-D、最近の「韻」について語る

WREP 第三研究室」において、ZEEBRAさん、MUMMY-Dさんが最近の「韻」について語りました。

 

Mummy-D:今やさ、若手なんてさ「韻踏むのかんかダッセーよ」みたいになってるらしいですよ。

Zeebra:また?今度またそんなのでてきた?

Mummy-D:出てきたらしいですよ。

「じじい世代がやってきたことだから韻なんか踏んでるんじゃねーよ」みたいな。

Zeebra:まあ、でもねそんなに無いですよ、言ってるほど。

僕、結構チェックしてますけど、全く踏まない奴はほとんど聴かないですよ。

Mummy-D:あ、本当?じゃあ良かった。

Zeebra:ただ、カチカチカチカチ韻に拘り過ぎるのは違うってのはあるかもしれないよ。

Mummy-D:ほーん、それは分かるな。

Zeebra:固い韻が好き、そうじゃなくてもいいってのは好みの問題じゃないですか。

Mummy-D:そうだけ。

Zeebra:どっちが正しいとかじゃなくて、そうじゃない方をDisることもないしね。

Mummy-D:時期的にもあるしね、固い韻が好きな時もあるし、今韻じゃねーんだよな、フロウとか文脈の時もあるし。

Zeebra:もちろん、もちろん。

その時誰がイケてるかってのもあったりしますしね。

 

 

関連記事

 

「第三研究室」書き起こし記事まとめ R-指定の日本語ラップ紹介 | まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。