ZEEBRA&MUMMY-D、DEV LARGEとの制作を語る

Mummy-D:結局おれ、コンちゃん(DEV LARGE)と同じトラックに乗ったことないのかなぁー。

Zeebra:そっかー。

Mummy-D:ちょうど2006年ぐらいに『HEAT ISLAND』というアルバムを作った時に、ブッダと一緒にやったら面白いだろうなってトラックが出来たんだけど、ラージ・プロフェッサーみたいなやつ。

「HEAT ISLAND」    

 

▼ラージ・プロフェッサー プロデュース作品


 

Zeebra:ほうほうほう。

Mummy-D:それは結局、日の目を見なかったね。

Zeebra:ふんふんふん。

Mummy-D:だから俺は結局コンちゃんとは曲やらなかったかもしれない。

Zeebra:そっかー、それはちょっと残念だったね。

俺はクリちゃん(CQ)とかデミさん(NIPPS)とやっと最近仲良くなったって感じ。

Mummy-D:あ、マジで?

Zeebra:なんか最近俺もおバカキャラの方が全面に出てきたというか。

Mummy-D:はははは(笑)

Zeebra:それなのか分からないけど(笑)

コンちゃんはその中でも、コンちゃんは「英明」で俺「英之」だからさ。

Mummy-D:ヒデ・ヒデでね!

Zeebra:そして「”デブラ”ジ」と「”ジブラ”」だから、ちょっとなんとなく俺たち感覚似てるかもねから始まってるから。

でも俺も「Hi-Jack」の時だっけ、ちょっとDisられたりして。

Mummy-D:なんかちょろっと揉めてたよね(笑)

Zeebra:コンちゃんが俺のリリックを深読みしちゃったってとこから始まってるんだけど。

Mummy-D:意外と繊細な人だったからね。

Zeebra:当時はそれに繋がるんだけど韻踏むべきか、踏まないどくべきか問題が。

Mummy-D:あったねー。

Zeebra:キングギドラは絶対押韻主義みたいな感じだったし、コンちゃん達はそれよりも感覚主義というか。

そういう所が外側からの軋轢でぶつかるみたいなこともあった気がするよね。

Mummy-D:それで思い出したんだけどさ、コンちゃんが日本語で韻を踏むことに影響を受けてさ、クリちゃんとデミさんにそれを相談したらしいんだよ。

「俺たちもちゃんと日本語で固い韻踏んだ方がいいんじゃないかな?」って言ったらさ。

デミさんかクリちゃんがさ、デミさんかな、コンちゃんの肩を揉みながら

「英語でいいじゃぁーん」って(笑)

Zeebra:あそこは本当に凄いグループだよね(笑)

Mummy-D:凄いよね、まともな人、1人もいないんだよ。

Zeebra:やーちん(DJ MASTERKEY)は一生ダジャレ言ってるしね(笑)

Mummy-D:はははは(笑)

 

 

Zeebra:俺はね(DEV LARGEとの)制作は『証言』がデカかったわけよ。


Mummy-D:そうだね。

Zeebra:あれはやっぱり、何度も一緒にLiveやったし。

あれって当時は7人集まらなくても2人いれば証言やるみたいな出血大セールみたいな感じだったから。

それから、NIKEのCMのやつで。

Mummy-D:あーありましたね。

Zeebra:『Player’s Delight』ってやつを俺とTwigyとDEV LARGEでやって。


Mummy-D:カッコ良かったねあれ。

Zeebra:あれは本当にたまたま、NIKEのクリエイティブの方の息子が日本語ラップ好きで、そっから色々情報を聞いてその3人に声がかかったって話しなんだよね。

Mummy-D:そうなんだ。

Zeebra:それで何年か後にせっかくだからもう一回あのメンツで集まって曲やろうってことで俺のアルバムに誘って。(『The Three 16’s(The Return)(feat.TWIGY&D.L)』)

The Three 16’s(The Return)(feat.TWIGY&D.L)』」収録    

 

だからまぁまぁ色んなのを一緒にやったかなあって感じはしてるかな。

Player’s Delight (NO LOOK PASS MIX」収録   

 

PLAYER’S DELIGHT (ZBR-5000mix)」収録 

 

THE MASTERS (MASSIVE REPROGRAM DEVMIX)」収録 

 

3/16(Returns)(feat.ZEEBRA & TWIGY)」収録 

 

Zeebra:曲やった時とにかく凄かったのはね、コンちゃんからこんな曲をやりたいってのをFAXがきたんですよ。

Mummy-D:あーそう。

Zeebra:カタカタカタってFAXでるじゃない?

そしたらFAX壊れたんじゃない!?ってぐらいA4一枚にギッシリ小さい文字で書かれてて。

魔界の手紙みたいなのが届いて(笑)

Mummy-D:おほほ(笑)

Zeebra:コンちゃんやっぱマジILLやわーって思って。

Mummy-D:それ取ってないでしょ?文化遺産だよー。

Zeebra:どっかにあるんじゃないかなー?俺ちょっと探そう。

Mummy-D:あの人やっぱりイラストとか世界観の作り方とか本当に天才だったんだろうなー。

Zeebra:天才だね、俺この前ツイートしたんだけどさ、『病める無限のブッダの世界』ってベスト盤あるじゃない?

 

『病める無限のブッダの世界』 

 

Mummy-D:はいはいはい。

Zeebra:あれね手元に見当たらなかったから買ったわけ。

Mummy-D:買ったの?(笑)

Zeebra:Amazonで。

で届いてふっと見たらCD2枚組なんだけど、CDの間の壁って丸い4つの壁があるのよ、その穴ピッタリに裏ジャケの4人の写真がハマるのよ。

Mummy-D:ふははは(笑)

Zeebra:すげぇなーと思って、コンちゃんこういう所まで計算してるんだなぁと思って!

流石ですよ、天才。

 

 

Mummy-D:あんな面白いこと思いつかないもんねー。

Zeebra:一回だけ家で一晩コンちゃんと音楽談義を2人でしたことがあって、あれは一生忘れられない良い思い出です。

Mummy-D:まぁピリピリもしたけど、すごい可愛い時は可愛いというか、優しいというか。

Zeebra:ほんとそうだよ。

Mummy-D:それよりもさ、だってあの当時さ皆んなで証言のプロトタイプというか、それを作ろうって言ってる時に、渋谷にケイブというクラブに俺ら入り浸ってたじゃん。

あの時にRinoに俺も呼ばれてたんだよ。

Zeebra:どうなったのそれは?

Mummy-D:その後、俺が家族でハワイ旅行に行っちゃったんだよ。

Zeebra:あー、だってあそこにDいないわけないもんね。

Mummy-D:おかしいんだよね本当は、俺いないのメンツ的に。

で、旅行から帰ってきたら皆んな録り終わってたんだよ(笑)

Zeebra:寂しいやつだなーそれ(笑)

Mummy-D:幻の証言8だよ。

 

 

関連記事

 

「第三研究室」書き起こし記事まとめ R-指定の日本語ラップ紹介 | まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。