ZORNとMACCHOが地元を歌えばクラシックになる必然

 


 

生活そのものがHIPHOP

 

ZORNの楽曲は日常の一場面とイベント(結婚、子供の誕生、死、LIVE)での心境を描写しているため、作品同士が繋がっていて正に彼の人生そのものだと思います。

前作「Don’t Look Back」は昭和レコードを抜けるにあたっての感謝と意気込み。

今作は葛飾で過ごした日々とリリースツアー「 LOVE TOUR 2019」で起こった出来事についてです。

新小岩駅からシンフォニーのステージ
娘をリムジンのシートに乗っける

ツアーファイナルを「かつしかシンフォニーヒルズ」で行い、LIVE後にリムジンに乗る様子はインスにUPされています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ZORN(@_zorn_)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

LOVE

ZORN(@_zorn_)がシェアした投稿 –

 

毎日着実に積み重ね、その過程で名曲を作り上げていくZORNの姿勢に尊敬に尊敬の念を抱きます。

このZORNのスタイルについて、ZORNが「義務教育」として崇めるTHA BLUE HERBの楽曲『LIKE THE DEAD END KIDS』では『My Life』をサンプリングし「派手な女遊びや大盤振る舞いを曲にしなくても日常をいかに魅力的に切り取るかがラッパーだ」と歌っています。

次はお前の番だぜ どうだ?
GO AHEAD やってみせろよ 正々堂々さ
それでそこそこやってやめてく 殆どが
生活のため もっともだ
でも何よりHIP HOPってのは元々が
その生活そのものだって思うのさ
洗濯物干すのだってそれだし
営みってのはそっけない 取り留めない
だけどそこにドラマを見出していくのが俺達
ラッパー自慢のお手並み

 

「洗濯物干すのもヒップホップ」ILL-BOSSTINOのサンプリング

 

 

ZORN ワードセンス、パンチライン、ライミング

 

楽曲を発表するごとに驚きのパンチライン、独自のワードセンスを発揮するZORN。

特にバースの締めのパンチラインは強烈です。

今作も家族を持つZORNならではのドラマチックなパンチライン

最愛の嫁にもサプライズ
Thug LifeじゃなくHug Life

もう一つは、独自のワードセンスで繰り出される長文の韻

葛飾区に来な おもてなしする
俺は滝川クリステル
でもとしやがマリファナ売り付ける

ZORNが「俺は滝川クリステル」って歌った瞬間、何かが来る!と思って身構えたんですが「マリファナ売り付ける 」にぶちのめされました。

 

「ZORN」バース締めのパンチライン

 

そして、もう一つZORNの真骨頂「韻の連打」今作も凄まじいです。

まだいくの?踏みすぎ!踏みすぎ!と凄すぎて笑ってしまいました。

黄色い総武線 ビートにボールペン
一生一直線 B-Boyの夢

 

俺の原点はサイファー あとイケイケな毎夜
地位とか名声やダイヤよりも経験が財産
バースに訂正はないな いつもテメーがライバル
まだ鮮明な会話 いつかぜってーが今

 

ZORN『Rep feat. MACCHO』韻考察|アクセントの置き所と韻の組み合わせで最高グルーヴ

 

 

MACCHO アクセント・声の重厚感

 

MACCHOバースは、頭韻と脚韻を織り交ぜた変幻自在のフロウが炸裂。

そしてアクセンとの置き所が最高に気持ちよくて、その中に韻が入ると最高のグルーヴが生まれています。

R-指定がDiggy-MO’の特徴を紹介した時に「アクセントがちゃんとドラムパターンとして連打して聞こえるように歌ってる。」と言っていました。

MACCHOのアクセントとも共通していると思います。

 

コーラ中ーナッツ入れ飲み込む
面濁る元にゃ大岡川

ップごときで人の心動かせる
手に言ってってたレペゼン
いてた程層なモンじゃねぇが
でも愛してんだ街 返したいものはLOVE

 

R-指定、SOUL’d OUTの『ウェカピポ』を紹介|Diggy-MO’の魅力を熱弁する

 

そして、MACCHOのhookは鋭いのに重厚感と迫力があって凄すぎます。これは怪獣ですわ。

 

ZORN / Rep feat. MACCHO Link

 

関連記事

 

ZORN『Rep(Remix) feat.NORIKIYO』韻考察|やっぱすげぇ。。 ZORN『Rep feat. MACCHO』韻考察|アクセントの置き所と韻の組み合わせで最高グルーヴ 般若×ZORN×SHINGO★西成『HUNGRY』韻拾い ZORN『All My Homies』韻拾い ZORN『Don’t Look Back』韻拾い ZORN「かんおけ」のレビューとリリック・韻考察 踏みすぎ 踏みすぎ!ZORNさん ZORN「LOVE」緻密で濃密なストーリー|音源レビュー 「ZORN」名前の由来とは? 【日本語ラップ】名パンチラインまとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。