名前を使ったワードプレイ

BRON-K / 渓流にひる便 feat. NORIKIYO


“B” 秋陣営、毘沙門の毘
“R”血の色は真紅REDのR

“O”とこ盛り、”N”IHON男児、小春の”K”
(What’s your name?)
渓流にひる便BRON-K 

ワードプレイの中でもしっかり情景が浮かぶBRON-Kらしいラップです。

客演のNORIKIYO(K-NERO)も自身のスペルを織り交ぜたリリックを作っています。

K糞ったれ道ばたに賭す
-Nパンク寸前のチャリこぐ

ENDまだ先の先つべこべ言うなら
RO寝てろよこの野郎 

 

5lack / Grind the Brain


短い文章でスペルを忍ばせながら、自身のスタイルを集約した凄いリリックです。

頭文字5と見せかけたS
常に何かを得る(L)
ストリートマナーはA+
昔あったスタイルも新しい(C)
後は経(K)験値があればThat’s me
これでエンターテイナー
5lackの出来上がり

 

Creepy Nuts / メジャーデビュー指南


Creepy Nutsという長い単語を曲の内容に沿って忍ばせるR-指定のワードプレイは圧巻です。

知(C)った振りしろ一見さん
(R)とDJ松永見参
いい(E)感じめちゃいい感じ
一(E)般人のHIPHOP SH*T
ピー(P)クすぎたら使い捨て
猥(Y)褻な歌は歌い辛ぇ
でも(Nut)握りしめいざ出陣
(S)級素人 In the building

 

RHYMESTER / K.U.F.U. feat. Creepy Nuts


2020年2月10日に行われた「RADIO EXPO 〜TBSラジオ万博2020〜」にてRHYMESTERとCreepy Nutsのスペシャルセッション『K.U.F.U. feat. Creepy Nuts』でのR-指定のフリースタイル。

西のベストが握るMicrophone
繋げる9つのアルファベット
R・H・Y・M・E・S・T・E・R
R・H・Y・M・E・S・T・E・R
ある(R)だけの英知(H)を結集して
ワイ(Y)ルドにラップする(M)C
いい(E)感じに(S)っ気たっぷり
(T)eacherぶらない ちょうどいい(E)
それが(R)-指定 俺の名前
よく聴いときな これが俺のやり方だぜ
いつでもAll night long
「JUNK」にカマす「不毛な議論」
いつでも起こせる「ACTION」
ウィークデイも「ウィークエンドもシャッフル」していくぜ
TBSなら このまま盛り上がっていけますか?

RHYMESTER、TBS関連の様々な単語を織り交ぜながら「RHYMESTER」のスペルを忍ばせたワードプレイをしています。

冒頭はRHYMESTER『リスペクト feat.ラッパ我リヤ』のサンプリング。

西のベスト 東のベスト
繋げる七つのアルファベット
つまり R・E・S・P・E・C・T
リスペクト ナフリスペクト

ティーチャーぶらない ちょうどいい“は、RHYMESTER『ちょうどいい』の曲名から。

そして、バースの終盤は「TBS ラジオ万博2020」にちなんでTBSラジオの番組名「JUNK」で始まり、R-指定がヘビーリスナーの「山里亮太の不毛な議論」、DJ松永がパーソナリティーを務めていた「ACTION」、宇多丸の冠番組だった「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」と、高次元のサンプリングとダブルミーニングです。

 

SCARS / STARSCAR


ランクは”S “
チャンピオンの”C” 
TO DA “A “
TO DA “R”指定
TO DA “S” 
STYLEはURBAN 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。