邦楽をサンプリングした日本語ラップ

CHOUJI / 中指 feat. 孫GONG(Prod.CHOUJI)


サンプリングソースは沢田研二『時の過ぎ行くままに』だと思われます。

『時の過ぎ行くままに』は1975年発売のヒットソングです。

哀愁漂う静かに燃えるような原曲をサンプリングし、CHOUJIと孫GONGは怒りを爆発させています。

沢田研二 / 時の過ぎ行くままに 


 

舐達麻 / Dbubbles


サンプリングソースは1989年発売の長渕剛『激愛 』だと思われます。

上記CHOUJIの『中指』同様、日本の民謡独特の哀愁を感じます。

長渕剛 / 激愛 


 

 

ふぁんく / 円(Prod.Alice)


サンプリングソースは安藤裕子『ニラカイナリィリヒ』だと思われます。

ちなみに「ニラカイナリィリヒ」とは呪文として作った造語らしく、特に意味はないそうです。

安藤裕子 / ニラカイナリィリヒ


 

Libro / 対話 feat. 嶋野百恵(Prod.Libro)


サンプリングソースは1982年発売の矢野顕子『悲しくてやりきれない』だと思われます。

この曲自体はザ・フォーク・クルセダーズ『悲しくてやりきれない』のカヴァー曲です。

このカヴァー自体かなりアレンジが加えられてた独自の曲となっています。

矢野顕子 / 悲しくてやりきれない


 

 

tofubeats / 水星 feat.オノマトペ大臣(Prod.tofubeats)


サンプリングソースは1996年発売のKOJI1200『ブロウ ヤ マインド ~ アメリカ大好き』です。

KOJI1200とはTOWA TEIによる今田耕司の音楽プロジェクトです。

KOJI1200 / ブロウ ヤ マインド ~ アメリカ大好き


 

PSG / きゃつら(Prod.PUNPEE)


サンプリングソースは2002年発売の宇多田ヒカル『光』だと思われます。(動画1:43の部分)

PUNPEEは宇多田ヒカルの大ファンであり、『光 –Ray Of Hope MIX–』という楽曲も発表しています。

宇多田ヒカル / 光


光 –Ray Of Hope MIX–


 

SHINGO★西成 / ゲットーの歌です(こんなんどうDEATH?) feat. Vivi(Prod.EVISBEATS)


サンプリングソースは藤子不二雄原作アニメ『おばけのQ太郎オープニングテーマ』だと思われます。

EVISBEATSらしい和のポップさ全開です。


 

 

ZONE THE DARKNESS / 奮エテ眠レ(Prod.Michita)


サンプリングソースはJoe Hisaishi [久石譲]『A Chinese Tall Story』だと思われます。(動画0:39の部分)

原曲の美しいピアノの旋律にZONE THE DARKNESSの気持ちのこもったリリックがマッチしています。

Joe Hisaishi / A Chinese Tall Story


 

S.L.A.C.K. / 笑えれば(Prod.S.L.A.C.K.)


サンプリングソースはPSG『いいんじゃない』を逆再生して制作されたと思います。

『いいんじゃない』の元ネタはGeorge Jackson『Walking The City Streets』だと思われます。

PSG / いいんじゃない(Prod.PUNPEE)


 

George Jackson / Walking The City Streets


 

関連記事

▼「サンプリング元ネタ集」シリーズはこちらの記事をご覧下さい。

【日本語ラップ】サンプリング元ネタ集 Part.1 【日本語ラップ】サンプリング元ネタ集 Part.2 【日本語ラップ】サンプリング元ネタ集 Part.3

▼その他の「楽曲のまとめ記事」はこちらを是非ご覧下さい。

ストーナー(マリファナ愛好)ラップまとめ HIPHOPとの関係を擬人法で表現した名曲まとめ 【面白】笑える日本語ラップ Part.1|名曲10選 特定の人物をひたすら褒める名曲まとめ 夏 × 日本語ラップ|名曲まとめ

名曲まとめ カテゴリーに移動

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。