R指定、テークエム『Virtual Boy』を紹介

2021年9月21日のCreepy Nutsのオールナイトニッポン0、にてCreepy Nutsのお二人がテークエム『Virtual Boy』について語りました。

R-指定:さっそくですが、曲紹介に行かせてもらいましょう。

ちょっとこれ聞いてほしいんですよ、2週連続ですけど今日もテークさんをかけます。

DJ松永:好きすぎるだろ?笑

R-指定:ちゃうねん、これは友達やからとかじゃなく、ホンマに素晴らしすぎるんで。

DJ松永:これは同意なのよ正直、。

R-指定:やろ?

DJ松永:ちょっとテークの出したEPに俺も食らいすぎているから、あれはすごいよ。

R-指定:もっと聞かなあかんよ全国民が。

DJ松永:あいつがすごすぎて聞く側がついていけてない状態になっているわ、今もはや。

R-指定:そのぐらいのレベルのことを。まあBACHLOGICさんとテークエムのタッグ、前作の『XXM』から今作『LABEL MUSIC』っていうね。

そのコンセプトも素晴らしいし、BACHLOGICさんの音、テークエムのラップ。

もう正直ね、ホンマに世界基準というか世界のやつらを黙らせれるの技術のやり合いとなっております今回。

DJ松永:やっぱり改めて、結局BACHLOGICなんだな、ヤべーのは。

R-指定:そのBACHLOGICさんのド変態のすごすぎるビート、それをこんなに華麗に乗りこなすというか、泳ぎ切る?みたいな。

DJ松永:クソえぐいよね。

R-指定:今回かけたい曲は『Virtual Boy』っていう曲なんですけども。

DJ松永:すごく良いです!

R-指定:テークエムがキレキレのラッパーであるっていうことは俺の口からいっぱい言っているんですけども。

もうひとつ、やっぱりメロディーメイカーとしても。

DJ松永:そうだよねー。MVで出しているやつがそっちじゃないタイプの曲だから、結構エグめのやつを出しているもんね。

R-指定:そう、ハードなラップを出しているけども。

テークエムはさ、メロディーメイカーとしてまず素晴らしいんですよ。

そしてメロディーメイカーとして素晴らしい上に、作詞家としても素晴らしいんですよね。

DJ松永:抜かりないよ全方向。

R-指定:で、その歌詞の視点ですよね。自分の今いる世の中で生きている状況で感じるような閉塞感を切り取る時の目線と切り取り方。

そのテーマへの落とし込み方。はっきり言って日本のヒップホップで「海外とタメを張るクオリティー!!」とか「海外基準のラップ!!」みたいなことを言う人らおるじゃないですか。

正直俺はテークエムの前では全員が霞むと思っています。

DJ松永:うーん。

R-指定:そんぐらい、あっちのハードさやったりノリの気持ちよさ。プラス、あっちの持っているようなコンシャスさもこいつはしっかり持っているんですよ。

だから関係あらへん!2週連続テークエムです(笑)

DJ松永:まあ、5週連続でもいいけどね?

R-指定:いいけどね(笑)じゃあお聞きください。

テークエムで『Virtual Boy』


R-指定:すごいね、やっぱな。

DJ松永:なんでもできるな。

R-指定:どこからこのメロディーを発想しとるんやろう?って思うんやけども。

こういうバーチャル、電脳世界みたいなものを一貫して退廃したサイバーパンク的な世界観やねんけども。

そこにやっぱり今の現代の誰もが抱えているような歪みとか。

「修正し放題 きれいでいなきゃいけない。なぜなら?」っていうところまで掘り下げて書いているからすごいですね。圧巻です。

DJ松永:全曲ヤバいからね。

R-指定:やろうか来週?ホンマに(笑)

DJ松永:もうキレちゃってるもんね(笑)

R-指定:エグいんやから。

テークエムで『Virtual Boy』でした。

 

関連記事

その他の紹介は まとめ記事よりご覧になれます

R-指定の日本語ラップ紹介 | まとめ

 

Kvi Baba『Fool in the Moon』韻考察 R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 1年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 2年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 3年目まとめ R-指定のリリックに隠された『ダブルミーニング』を徹底考察 R-指定のリリックに隠された「サンプリング」を徹底考察

Creepy Nuts カテゴリーに移動

 

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0は毎週火曜日の深夜3:00より生放送

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。