R-指定、黒衣の『TWO SIDE』を紹介

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0」において、Creepy Nutsのお二人が黒衣『TWO SIDE』を紹介しました。

 

DJ松永:Rさんの日本語ラップ紹介コーナー参ります。

R-指定:今日紹介したいのは、これまた梅田サイファーの仲間なんですけど。

pekoさんという梅田サイファーのメンツ。

DJ松永:お、pekoさん。

R-指定:pekoさんが昔からやってるグループ、KENTさんと組んでる「黒衣」っていグループがあるんです。

DJ松永:黒衣!でた大好きです。

R-指定:その黒衣がNewAlbum『RISE OF』を出したということで、このアルバムを紹介したいんですけども。

もともと黒衣は1MC 1DJのグループやったんですよ。

KENTさんがMCでpekoさんがDJ/トラックメイカーやったんですけど、1回アルバムを出して、活動休止期間がある時にpekoさんがMCバトルとか出て、pekoさんもラッパーになったんですよ。

DJ松永:そっか。

R-指定:で、ミニアルバムとか挟んでこの『RISE OF』で完全2MCのグループとして復活してアルバムを出すわけなんですけど。

DJ松永:うわーお。

R-指定:このアルバムの中に今の黒衣になった経緯が描かれた曲があったりとか。

このアルバム自体がね、丸々超良い。

Live前の緊張感から始まる『INTRO』って曲から、アルバムのケツまでLiveショーケース1本観てるような気分になるんすよ。

 


 

DJ松永:へぇー。

R-指定:黒衣独特のテンションは低いんやけど決してクール過ぎない、テンションが低いんやけど熱い感じで。

KENTさんの誰にも被らんちょっと鼻声ぎみやねんけど、多少もたったり早くなったりするテクニカルな言い回しの面白いラップが続いて。

pekoさんの声だけで佇まいが分かるような特徴的な声で。

コントラストも超良いし。

楽屋からステージに上がるまでの曲で始まって、次に『HOW WE DO』っていうサンプリング文化に対してKENTさんが言及してる曲で。

DJ松永:へぇー。

R-指定:その曲では俺の1stアルバムから声ネタスクラッチしてくれてたりとか。

DJ松永:なにぃ胸熱じゃん。

R-指定:そっからどんどんLive映えする曲とか、それこそ『Egotopia』ぐらいのRHYMESTERに通ずるようなシニカルな目線の曲。

 

EGOTOPIA   

 

俺たちが好きな日本語ラップの目線みたいな曲がいっぱいあって。

で、最後アルバムはLiveの超盛り上がりの所に繋がっていって『TIME’S UP』って曲で終わるんすけど。

 


 

それはまさしくクラブでKENTさんとかpekoさんが経験した「アマチュアナイト」とかのイベントで皆んなで楽しく盛り上がった後、クローズ全員ベロベロで吐きまくった後「TIME’S UP」早く帰ろうよって曲で。

DJ松永:いいねー。

R-指定:その、つぶれて沈んでる奴を起こして帰る曲なんですよね。

「今日の地獄巡り出発します」みたいな感じで酔っ払った面々を起こしていく。

で、帰ろうとしてるpekoさんを引き止める奴が居たり、「じゃあもう一杯だけ付き合うか」って言ってたり。

横ではゲロ吐いて迷惑かけてるいつものメンツがおると。

「覇世、アベ、テークエム、りぼん」って俺らからしたらお馴染みのメンツが出てきて(笑)

っていうような、1日のクラブでも遊びをアルバム聴いたら感じられるような。

DJ松永:へぇー。

R-指定:そんな中でも黒衣の新しい側面やなって思うような曲があって、それを今日紹介したいんですけど『TWO SIDE』って曲なんですけど。

黒衣は元々、いなたいトラックに渋いラップって感じなんですけど。

DJ松永:そうだよね。

R-指定:この『TWO SIDE』はBPMも聴いたことない変則的なビートで今っぽさもあって、pekoさんがガッツリ歌い上げてるんすよね。

DJ松永:あれ!

R-指定:KENTさんも3連になったりとか。

DJ松永:へぇー!

R-指定:でも、元々のリリシズムは失くさずに。

DJ松永:なるほど。

R-指定:この”TWO SID”は光と影っていう。

闇が深まるほど光はより強く光りを放つ
誰かが上がり誰かが落ちる
繰り返し保たれるバランス

っていう成熟してきた黒衣、色々経験してきたからこそ語れるような事がリリックの中にあるんで、まずは聴いて欲しいと思います。

黒衣で『TWO SIDE』


 

 

R-指定:っていうね。

DJ松永:めっちゃ良いわ。

R-指定:pekoさんのメロも最高なんですけどKENTさんのA/B踏み

関わりを絶てば気兼ねもなく
おざなりの達成感 銀河へ飛ばす
脇に忍ばせた言い訳の数

っていうA/Bで踏み続けたと思えば

背後から粗暴な売り言葉に買い言葉
恨み辛み燃料に頭ん中で街を燃やす
瞬間さえ笑顔だもんで心中察しようもなく

っていう表裏一体なんですよね、光と影が。

上がってようが下がってようがどっちだって正気だ
世界の狂気は俺たちに通用しない

だからどっちでも正常だよと、病んでる時も、光でも影でも。

DJ松永:なるほどね。

R-指定:メッセージも最高というね。

このアルバム超良いんで黒衣の『RISE OF』是非聴いて下さい。

 

RISE OF」収録 Link

 

 

関連記事

その他の紹介は まとめ記事よりご覧になれます

R-指定の日本語ラップ紹介 | まとめ

 

R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 1年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 2年目まとめ R-指定さん○○で韻を踏める言葉を教えて下さい | 3年目まとめ R-指定のリリックに隠された『ダブルミーニング』を徹底考察 R-指定のリリックに隠された「サンプリング」を徹底考察

Creepy Nuts カテゴリーに移動

 

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0は毎週火曜日の深夜3:00より生放送

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。